高津区版 掲載号:2020年5月22日号 エリアトップへ

シェアスペース「ノクチラボ」 テイクアウトPRに一役 地元飲食店に無償提供

文化

掲載号:2020年5月22日号

  • LINE
  • hatena
「街で支え合い、この状況を乗り越えていきたい」と丸山さん
「街で支え合い、この状況を乗り越えていきたい」と丸山さん

 外出自粛などの影響で増加する飲食店のテイクアウトを応援しようと、溝口にある「共創型シェアマーケット『ノクチラボ』」(溝口)が飲食店を対象に、販売場所を6月から1カ月限定で無料開放する。

 共創型シェアマーケット「ノクチラボ」は、利用者が出店料を支払い、販売場所や設備をシェアできる施設。初期投資や家賃が抑えられ、地価が高い溝口でも出店しやすく、主に開業を検討している人が利用している。

周知しにくい立地も

 同所を運営するten株式会社の代表を務める丸山佑樹さんは「飲食店がテイクアウトに切り替えて営業する中、立地などから販売しにくい店舗もある。ノクチラボとして何か協力したいと思い、販売場所提供を考えた」と、経緯を話す。

 丸山さん自身も区内で2店舗の飲食店を経営する。現在、売り上げの9割をテイクアウトが占めているという。経営する2店舗のうち、1店舗は地上3階に立地。店頭に持ち帰りブースを出すなどができる路面店と比べ、2階以上や地下に位置する店舗は周知が難しいと感じている。また、居酒屋など、夜営業のみの飲食店も同様だという。

 丸山さんは「飲食店は今、チラシを作ってまく余裕もない。常にさまざまな個人店が集まり商売するノクチラボが集客を担えれば。こうした状況だからこそ、皆で盛り上げ、支え合っていきたい」と話す。

 現在、無料開放について既に複数の飲食店から問い合わせ受けている。

 無料開放は6月1日から30日まで。期間内は何度でも出店可。ドリンク販売は不可。有人で販売できる飲食店が対象。月曜日から金曜日、午前11

時から午後11時まで(神奈川県の緊急事態措置による休業要請、営業時間短縮に準ずる)。土曜、日曜、祝日は既存店舗もあるため応相談。
 

さまざまな個人店が出店するノクチラボ内
さまざまな個人店が出店するノクチラボ内

高津区版のトップニュース最新6

火災・救急 減少傾向に

高津消防署管轄内

火災・救急 減少傾向に 社会

放火・こんろが出火原因上位

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 社会

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

守った「正月風景」

宇奈根「カワサキ・スイミングクラブ」

守った「正月風景」 文化で

恒例の初泳ぎ、今年も

1月8日号

区民の暮らしに「安定」を

区民の暮らしに「安定」を 政治

鈴木区長が抱負語る

1月8日号

「利他」の心 好循環へ

「利他」の心 好循環へ 社会

福田市長、2021年を語る

1月1日号

目標は2年連続総合3位

國學院大

目標は2年連続総合3位 スポーツ

箱根駅伝 あす号砲

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク