高津区版 掲載号:2020年6月19日号 エリアトップへ

区内公立学校 届け善意マスク5万枚 地元企業が区へ寄贈

社会

掲載号:2020年6月19日号

  • LINE
  • hatena
富士通ゼネラル社の担当者からマスクを受け取る鈴木哲朗区長(写真左・5月のセレモニーの様子)
富士通ゼネラル社の担当者からマスクを受け取る鈴木哲朗区長(写真左・5月のセレモニーの様子)

 区内・末長に本社などを構える「株式会社富士通ゼネラル」の関係者が5月25日、高津区役所を訪れ、鈴木区長にマスクを手渡した。同社による高津区への寄贈はこの後6月8日にも行われ、合計で5万枚ものマスクが今後、地元の公立校などに順次配布される。

地元の子ども達へ

 5月25日、区役所にマスクを持参したのは地元企業「富士通ゼネラル」のCSR推進本部長で、経営執行役常務を務める江藤雅隆氏。高津区からは鈴木哲朗区長が受け取り手として出席し、2階の区長室でセレモニーが行われた。

マスク姿の笑顔も

 マスク贈呈セレモニーの席上では、コロナ禍における地元への影響などの情報交換等も行われ、さらに同社が「テイクアウト支援アプリ」を開発したという話を知った区長が興味を示す場面も。

 鈴木区長は、地元企業の善意が込められた寄贈品に対し、感謝の言葉を口にしながら大切そうに受け取り、マスク越しで判別がつきにくかったものの温和な笑顔で記念撮影におさまっていた。

 またこの日、1万枚のマスクを寄贈した後に「より多くの子ども達に」と、4万枚の追加寄贈を決定。6月8日にダンボールに詰めた大量のマスクを再度、区役所へ運び込んでいた。

公立校の支援に

 区内・末長を拠点を構える同社では、新型コロナウイルス感染拡大に伴い不足した物資を提供する支援を行っており、この一環として海外のグループ企業からマスクを調達。これを休校が解けた地元の子ども達に役立ててもらおうと今回の寄贈に踏み切った。配布先は高津区にある川崎市立の小学校、中学校、高等学校と中央支援学校、さらに宮前区にある宮前小学校にも順次配布される予定となっている。

第二波対策の一助に

 川崎市内の公立校はコロナ禍の中、3月4日からの休校が長期化。6月1日から授業を再開したが、密集を避けるため当初はクラスを半分に分けての分散登校などが続き、不慣れな形態での学校生活を余儀なくされていた。15日からはようやく一斉登校になり、給食も再開。休校から約100日を経てようやく少しずつではあるものの”日常”が戻りつつあるようにも映る。だが、学校関係者は「休校明けからは児童、生徒にマスク装着を必須としてきたが、熱中症の懸念などもあり、つい付けずに登校して来てしまうケースも増えると思われる。そのような際、今回寄贈されたマスクを子ども達に渡すことで、第二波への備えの一助にしていければ」と話し、善意への感謝を表しながらも引き続き、強い警戒感を滲ませていた。

高津区版のトップニュース最新6

「夏は公共施設で学ぼう」

高津区

「夏は公共施設で学ぼう」 教育

子ども達に環境提供へ

7月10日号

コロナ禍も「上向いて」

区内花火師有志

コロナ禍も「上向いて」 文化

 多摩川で5分間打ち上げ

7月10日号

見学歓迎 「こども神輿」

新作八幡宮

見学歓迎 「こども神輿」 文化

手作り前、イメージ醸成に

7月3日号

新ルール設け再開へ

多摩川緑地BBQ広場

新ルール設け再開へ 社会

入場、ピーク時3割以下に

7月3日号

実施校 目標の3分の1

川崎市寺子屋

実施校 目標の3分の1 社会

計画7年目、新設進まず

7月3日号

熱中症・コロナ 対策両立へ

熱中症・コロナ 対策両立へ 社会

市、ツイッターで注意喚起

6月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク