高津区版 掲載号:2020年9月4日号 エリアトップへ

人権オンブズパーソン 「悩まず気軽に話して」 夏休み明け子ども相談増

社会

掲載号:2020年9月4日号

  • LINE
  • hatena
取材に応じる大崎人権オンブズパーソン
取材に応じる大崎人権オンブズパーソン

 高津区に事務局を構える「川崎市人権オンブズパーソン」は、子どもの権利の侵害や男女平等に関わる人権侵害の相談と被害救済の申し立てを行っている。同機関によると、例年夏休み明けになると、子ども達からの相談が増える傾向にあるという。今年4月に人権オンブズパーソンに就任した大崎克之弁護士は「子どもから大人まで簡易に相談できる機関。気軽にご利用を」と呼び掛ける。

 ◇   ◇   ◇

 学校でのいじめ、虐待やDVなどについての相談を受けている同機関。現在、4人の専門調査員と2人の人権オンブズパーソンが対応にあたる。5月公表の報告書によると、昨年度は212件の相談のうち、子どもの相談は118件。相談内容は、いじめが34件、学校や施設等の対応の問題が20件、虐待が11件と続いた。相談件数自体はここ数年、200件前後で推移しており「啓発活動により、認知度は高まってきている感がある」と大崎氏は語る。

 相談は電話と手紙で受け付けている(利用方法詳細は本紙中面「タウン情報」参照)。電話では女性の専門調査員が話を聞き、悩みの解消、解決に向けて一緒に考え、アドバイスなどを送る。必要に応じ、直接会って話しを聞くこともある。大崎氏によると、直接、子どもからの相談も寄せられているという。

 コロナ禍による休校の影響もあったためか、学校関係の相談件数は減ってはいるものの「社会問題化しているSNSによる誹謗中傷に対しては、注意していかねばならない」と大崎氏。コロナ禍では児童虐待のリスクも高くなっているともいわれている。「我々もこうしたことを自覚しつつ、相談の際には常にアンテナを張って見逃さないようにしたい」という。

 また、デートDVや会社でのハラスメント、性差別などがクローズアップされる中「こうした相談も気軽にできる機関である事も知っていただきたい」とも話している。

高津区版のローカルニュース最新6

「寄席」で元気届け

「寄席」で元気届け 文化

11月27日に高津市民館

10月23日号

医療従事者の「面目躍如」

医療従事者の「面目躍如」 社会

咄嗟AED蘇生に表彰状

10月23日号

ひと編みに成長の願い込め

あみあみの会

ひと編みに成長の願い込め 文化

児童に毛糸作品を寄贈

10月23日号

「映える」風景を投稿

「映える」風景を投稿 文化

フォトコン作品募集

10月23日号

3次販売、窓口に行列

じもと応援券

3次販売、窓口に行列 経済

4日間で22万冊販売

10月23日号

自身初の「リサイタル」

川崎の歌姫・桜井純恵さん

自身初の「リサイタル」 文化

11月1日(日) 高津市民館大ホール

10月23日号

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク