高津区版 掲載号:2020年9月25日号 エリアトップへ

文学碑めぐり 13年ぶりの改訂版 活性協、住民要望受け発行

文化

掲載号:2020年9月25日号

  • LINE
  • hatena
「歴史を知るきっかけ」にと改訂版を手にする島崎さん
「歴史を知るきっかけ」にと改訂版を手にする島崎さん

 高津区内の文学碑を紹介するリーフレット「大山街道文学碑めぐり」が9月10日、13年ぶりに改訂版として発行された。住民からの要望を受けたもの。発行者は「地域の歴史を知るきっかけになれば」と話している。

 発行者は、住民らで構成する大山街道活性化推進協議会など。文学碑めぐりのリーフレットは、区内の歴史に目を向けてもらおうと2007年に同協議会と高津区役所が発行した。

 大山街道沿いなどに建立される10カ所を掲載し、溝口在住の郷土史家、鈴木穆さんが各文学碑の紹介文を添えている。二子旧家に生まれ、幼少期をこの地で過ごした歌人、岡本かの子や大山街道沿いの旅籠を舞台にした小説を書く国木田独歩の文学碑など、歴史的文化人と地域の関わりが記されている。

 当時のリーフレットの配布は既に終了しているが、数年前から再発行を求める声が大山街道ふるさと館に寄せられていたという。同協議会は同館からリーフレット再発行の提案を受け、これを快諾。昨年から発行に向けて準備を進めてきた。改訂版は大幅な内容変更はせずに、新たに大山街道ふるさと館の紹介を加えている。同協議会理事長の島崎光順さんは「ふるさと館を応援する意味も込めて。リーフレットを手に取り、文学碑巡りを楽しんでもらえたら」と話す。

 また、改訂版発行に合わせて9月12日、大山街道ふるさと館が主催する市民講座「文学碑めぐり」が開催された。当日、参加者に改訂版のリーフレットを配布。同館館長の小林正人さんは「大山街道の歴史を振り返るきっかけになったと思う。多くの方に手に取ってもらいたい」と話す。

 発行部数は2000部。大山街道ふるさと館で配布している。

区内10カ所を紹介する改定版リーフレット
区内10カ所を紹介する改定版リーフレット

高津区版のトップニュース最新6

念願のコゼット役に

区内在住加藤さん

念願のコゼット役に 文化

帝国劇場で「レミゼ」公演

10月23日号

市、6年ぶり「対象」か

地方交付税

市、6年ぶり「対象」か 経済

税収大幅減で来年度

10月23日号

注意して「点検強盗」

LPガス協会川崎北支部

注意して「点検強盗」 社会

地域一体の防犯姿勢、強調

10月16日号

住宅・商業地 市平均超え

高津区基準地価

住宅・商業地 市平均超え 社会

コロナ禍も上昇維持

10月16日号

13日に「創業70周年」

株式会社ムサシボウル

13日に「創業70周年」 社会

渡邉会長、溝口の遍歴回顧

10月9日号

対策施し今日から開催

高津区文化祭

対策施し今日から開催 文化

公募展「オンライン活用」も

10月9日号

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク