高津区版 掲載号:2021年2月5日号 エリアトップへ

下作延・辰の谷稲荷神社 危機乗り越え「初午祭」 地元風物詩の一つ、今年も

文化

掲載号:2021年2月5日号

  • LINE
  • hatena

 高津区下作延にある「辰の谷稲荷神社」で2月7日(日)午前10時から「初午祭(はつうままつり)」が行われる。元々、近隣にある7軒の住民(氏子)を中心に長年にわたり脈々と続けられてきたこの祭事。だが継承者の問題もあり同神社での開催が危ぶまれていた。当日の神主を務める金子善光宮司は「今年は関係各位のご尽力で開催に漕ぎつける事ができ、本当に嬉しいですね」と話している。

 「初午祭」は例年、伏見稲荷大社(京都)の稲荷神が鎮座された2月最初の「午の日」に行われるもので、商売繁盛や大漁豊作、家内安全などを祈願する祭事のひとつ。高津区やその近隣には、稲荷神社などに対する信仰から結ばれている「稲荷講」(いなりこう)が多く残っている事から、この初午祭が盛んとされており、地元の風物詩としても親しまれている。

子どもの参拝にお菓子も

 稲荷講の中でも、比較的規模が大きい「辰の谷稲荷神社」(高津区下作延2の25の30)では、毎年2月の午の日に近い土曜日と日曜日に「初午祭」を開催している。近隣の有志なども集まり、焚火で煮た野菜などを振る舞うほか、参拝を済ませた子ども達が太鼓をたたき、お菓子をもらって帰って行くのが慣わしとなっている。

 現在、同神社の氏子は7軒。だが近年は後継者の問題などから、この伝統行事の維持が難しい局面を迎えており、金子宮司も関係者の熱意でこれを乗り越え開催に漕ぎつけた今回の初午祭に感慨も一入といった様子。「ぜひ多くの参拝を」と呼び掛けている。
 

高津区版のトップニュース最新6

水道の歴史、資料で探る

川崎市給水開始100年

水道の歴史、資料で探る 文化

溝口・ふるさと館で企画展

10月15日号

水位上昇に「警告灯」

平瀬川

水位上昇に「警告灯」 社会

東日本台風受け、区が導入

10月15日号

「プペル」バレエで表現

洗足学園大卒業生ら

「プペル」バレエで表現 文化

本日より動画公開

10月8日号

資源物持ち去り、罰金も

川崎市

資源物持ち去り、罰金も 社会

来年4月施行目指す

10月8日号

住宅地で回復基調

高津区基準地価

住宅地で回復基調 経済

利便性、居住環境で影響

10月1日号

最多11公演、無事に完走

溝ノ口劇場

最多11公演、無事に完走 文化

「コロナ禍明け」に向け弾み

10月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook