高津区版 掲載号:2021年6月25日号 エリアトップへ

浸水想定区域の公立学校 川崎市内に114校 割合、県を上回る

教育

掲載号:2021年6月25日号

  • LINE
  • hatena

 台風や大雨の際、被害の恐れがある「浸水想定区域」と呼ばれる場所に立地する公立学校(小中学校、幼稚園など含む)が、川崎市内に114校(178校中)あることがこの程、文部科学省の行った調査で分かった。

 全国の公立学校を対象に、初めて行われたこの取り組みでは「浸水想定区域」のほか「土砂災害警戒区域」に立地する公立学校についても調査。その結果、神奈川県内で「浸水想定区域」に立地し、防災上の配慮が必要と判断されている公立学校等は711校(1516校中)で、その割合は46・9%。一方、川崎市内ではその割合は64・0%に及んだ。また川崎市内で「土砂災害警戒区域」内に立地している公立学校などの数は39校(178校中)で、この一部は浸水想定区域内のカテゴリーと重複している。

教委「防災教育進める」

 さらにこの中には「水防法」(水災を警戒し、防御し、これによる被害を軽減する活動。 そのための仕組みを定めた法律)で作成が義務付けられている「避難確保計画」を未作成の学校も含まれている。こうしたことから川崎市教育委員会は「早急に(計画を)作成し提出するよう依頼している。また防災教育として子ども達が津波や土砂災害の発生時における危険の理解と安全な行動の仕方など、基礎的・基本的事項ができるよう体系的な防災教育について危機管理室等との協力・連携しながら取組を進めていく」と話している。
 

高津区版のトップニュース最新6

高津消防団と強力タッグ

アルソック溝ノ口支店

高津消防団と強力タッグ 社会

「機能別団員」に初任命

9月17日号

「4年間の達成度は?」

福田市長マニフェスト

「4年間の達成度は?」 政治

大学准教授ら5人が検証

9月17日号

地域に広がれ「美唄(びばい)の味」

日本理化学工業(久地)

地域に広がれ「美唄(びばい)の味」 経済

コンテナ直売所、今秋新設

9月10日号

規模縮小、今年も

溝口神社例大祭

規模縮小、今年も 文化

関係者での神事のみ挙行

9月10日号

中学生からの手紙に感激

久地第二町会

中学生からの手紙に感激 コミュニティ教育

通学路の見守り活動で

9月3日号

生理用品、支援法を模索

県立高校

生理用品、支援法を模索 社会

大師高 トイレに試験設置

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook