高津区版 掲載号:2021年9月17日号 エリアトップへ

アルソック溝ノ口支店 高津消防団と強力タッグ 「機能別団員」に初任命

社会

掲載号:2021年9月17日号

  • LINE
  • hatena
武笠団長、同社・柳川崎支社長、越澤さん、熊坂支店長、熊谷署長(左から)
武笠団長、同社・柳川崎支社長、越澤さん、熊坂支店長、熊谷署長(左から)

 高津消防団(武笠和師団長)はこのほど、特定の活動のみ行う「機能別団員」として7人を初めて任命。9月8日には辞令交付式が行われた。入団したのは「アルソック」の呼称で知られる綜合警備保障株式会社・溝ノ口支店の社員。今後、同社からさらに8人が加わる予定という。市内で警備会社が入団するのは初めて。

 市は消防団の災害対応能力の向上や団員確保を目指し、今年4月から機能別団員の制度を導入。災害対応活動・後方支援活動を担う「大規模災害団員」とイベント等でPRを行う「広報活動団員」としての活動に分けられる。同社は広報活動団員として活動するが、日ごろから市街地を巡回している点を生かし、災害時も被害状況などの情報共有を行うことで協力するという。

 溝ノ口支店の熊坂昇支店長は今年4月1日に配属。高津消防署(熊谷智子署長)を訪問した際、機能別団員の存在を知った。熊坂支店長は「官民が連携できるという点に共感した。高津区を守るために協力したい」と意気込んだ。同社では社員教育の一環として、火災警報器やAEDの取り扱い指導も行っているため、その経験を生かしたいとしている。

 武笠団長は「大企業の参入により、注目度も高まる。良い結果が得られるよう力を合わせたい」と期待を寄せた。

 また、同支店は川崎市消防団協力事業所にも認定。区内で19番目の認定となった。

 高津消防団は、団員の定員135人に対し、9月8日時点で105人。充足率は77・8%。

高津区版のトップニュース最新6

新規ワクチン「打ち止め」へ

高津市民館

新規ワクチン「打ち止め」へ 社会

今後「3回目会場」可能性も

10月22日号

逆境乗り越え、全国へ

坂戸小合唱団

逆境乗り越え、全国へ 文化

新メンバーで「一致団結」

10月22日号

水道の歴史、資料で探る

川崎市給水開始100年

水道の歴史、資料で探る 文化

溝口・ふるさと館で企画展

10月15日号

水位上昇に「警告灯」

平瀬川

水位上昇に「警告灯」 社会

東日本台風受け、区が導入

10月15日号

「プペル」バレエで表現

洗足学園大卒業生ら

「プペル」バレエで表現 文化

本日より動画公開

10月8日号

資源物持ち去り、罰金も

川崎市

資源物持ち去り、罰金も 社会

来年4月施行目指す

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook