高津区版 掲載号:2021年10月15日号 エリアトップへ

平瀬川 水位上昇に「警告灯」 東日本台風受け、区が導入

社会

掲載号:2021年10月15日号

  • LINE
  • hatena
久地歯科保健センター(写真左端)の3階ベランダに設置された警告灯 =高津区提供=
久地歯科保健センター(写真左端)の3階ベランダに設置された警告灯 =高津区提供=

 久地2丁目付近の平瀬川下流部の水位上昇を注意喚起する警告灯が10月9日「久地歯科保健センター」(久地2の15の16)に設置された。令和元年東日本台風で被害を受けた同地域への防災対策として高津区が導入した。

 令和元年東日本台風では、多摩川と平瀬川の合流地点が越水し、同地域は甚大な浸水被害を受けた。2階まで床上浸水した住宅もあり、付近ではマンション1階の水没で男性1人が亡くなった。

 川崎市は災害時、防災無線のほかメール配信、SNSなどで情報提供を行っているが、高津区では独自に新たな対策を検討。情報伝達のための手段として用いられたのが警告灯による注意喚起だった。区危機管理担当の高木克之課長は「どれほどの効果があるかまだわからないが、警告灯により身に危険が迫っていることを知ってもらいたい」と話す。

 警告灯は久地歯科保健センター3階のベランダに設置。平瀬川の水位が避難判断水位(4m)に達したとき、今後の雨量などを考慮して職員が点灯する。スピーカーとサイレンも搭載されており、光と音で呼び掛ける。10月21日には、平瀬橋の防犯灯にも同様の回転灯が付けられる予定。

 久地第2町会の栗田栄治会長は「地域からは防災無線の音が聞こえないという声も多かったので、ライトで注意喚起してくれるのはありがたい」と期待を込めた。同担当・高木課長は「今回は緊急的な対策であり、これで終わりではない。地域の声を聞き、改善できれば」と話した。

高津区版のトップニュース最新6

4年ぶり 故郷に「返還」

準絶滅危惧種「エビネ」

4年ぶり 故郷に「返還」 社会

官民連携で保全に成功

11月26日号

塗装技能で「匠」に

新作「丸紘」勤務綾部淳さん

塗装技能で「匠」に 社会

かわさきマイスター認定

11月26日号

いざに備え防災訓練

川崎市

いざに備え防災訓練 社会

新システム活用も

11月19日号

賃貸物件に「ダイチャリ」

不動産会社エヌアセット

賃貸物件に「ダイチャリ」 社会

来夏までに新規50カ所

11月19日号

災害時も日常の食事を

区内有志「減災ガールズ」

災害時も日常の食事を 社会

企業と「調理ジッパー」開発

11月12日号

県初優勝、いざ全国へ

西高津中駅伝部

県初優勝、いざ全国へ スポーツ

市大会からの「逆転」に歓喜

11月12日号

川崎市北部のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook