高津区版 掲載号:2022年7月1日号 エリアトップへ

川崎河川漁業組合 アユ8千匹 を追加放流 多摩川活性化をより促進

文化

掲載号:2022年7月1日号

  • LINE
  • hatena
8千匹の追加放流を行う漁協組合員
8千匹の追加放流を行う漁協組合員

 川崎河川漁業協同組合(竹仲密昭組合長)が6月24日、多摩川の宇奈根流域で、アユの稚魚を放流した。稚魚は県の内水面種苗生産施設(相模原市)で養殖したもの。

 同組合では増殖事業の一環として、毎年4月下旬にアユの放流を実施。今年も約1万5千匹の稚魚を多摩川に放ち、6月1日のアユ釣り解禁日までに順調に生育。解禁以降、釣果も「まずまず」(本紙6月10日号・既報)と、地元の太公望を喜ばせている。

小学校に「おすそ分け」

 今回の放流は、順調な最近の状況を鑑み同組合が「さらに多摩川に活気を」と追加で企画したもの。午前11時すぎ、宇奈根の河川敷に稚魚を積んだトラックが到着すると、組合員らは稚魚を放流する準備に着手。ホースから勢いよく放流される稚魚を見守った。

 この日放流された稚魚は体長7cmほどのものが多く、その量は約8千匹(約130キロ)。数カ月で約20cmほどに成長する見込み。また放流前には平間小学校(中原区)の教諭が、児童の観察用にとアユを数十匹「おすそ分け」される場面もみられた。同校の佐川昌広校長は「校内の水槽で観察と生育を行い、ある程度大きくなったら学校近くの多摩川流域に放流したい」と話していた。

台風ダメージ回復へ

 同組合によると、令和元年東日本台風の影響で一時期アユの遡上数が激減したが、今年はそれもかなり回復してきているという。竹仲組合長は「今回の追加放流によってより多くのアユ釣りファンに訪れてもらえれば」と話している。

 多摩川でのアユ釣りは遊漁券が必要。市内の釣り具店などで購入でき、徴収された遊漁料は同漁協組合費などと合わせて魚類の増殖や環境維持の活動等に使われている。

放流されたアユの稚魚
放流されたアユの稚魚

高津区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

ノクチ基地

Creative + Local = Happy future

https://nokuchikichi.com/

高津区末長2-10-19

「相続」を「争続」にしない!をモットーとする不動産コンサルタント

https://mre-consulting.co.jp/

株式会社 丸紘

西洋左官から一般塗装まで、お客様の期待に応える技術屋集団です

https://marukoh1971.co.jp/

ボリューム満点、愛される洋食店

創業50年以上の老舗洋食レストラン「ユニオン」。宴会も承ります

https://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140505/14021021/

二子新地 ピッツェリアクアーレ

二子新地駅徒歩2分。窯焼きローマピッツァとクリームフォンデュがイチオシ

https://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140505/14052334/

高津区久末1800-26 

人気の「よろこび市」、基本的に第2、第4土曜日に開催中

https://biseikai.or.jp/hisasue/

溝ノ口劇場

劇場なのにパーティーやイベントも

https://www.mizogeki.com/floorguide

エレックス工業株式会社

ハードウエアからソフトウエアからシステムで未来をつくります

http://www.elecs.co.jp

有限会社 七樹

居宅介護支援と訪問看護のケアサービスをご提供しております

https://www.nanaki-kaigo.com/

有限会社 七樹

居宅介護支援と訪問看護のケアサービスをご提供しております

https://www.nanaki-kaigo.com/

<PR>

高津区版のトップニュース最新6

防ごう「女性の孤立」

市男女共同参画センター

防ごう「女性の孤立」 社会

カフェで居場所づくり

8月12日号

「竹製トレイ」で火災激減

緑ヶ丘霊園

「竹製トレイ」で火災激減 社会

貸出場所の工夫も奏功

8月12日号

津軽海峡を「完泳」

諏訪在住松下 彩花さん

津軽海峡を「完泳」 スポーツ

3年がかりの挑戦、実る

8月5日号

民間移行へ対応模索

市立中学部活動

民間移行へ対応模索 教育

休日中心に2月まで試行

8月5日号

「昔の写真、募集します」

大山街道ふるさと館

「昔の写真、募集します」 文化

開館30周年の記念事業

7月29日号

地元野菜でPB(プライベートブランド)商品

(株)灰吹屋薬局

地元野菜でPB(プライベートブランド)商品 経済

「地産地消の活性化」めざし

7月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook