高津区版 エリアトップへ

ローカルニュースの記事一覧

  • 富山に1勝1敗 東地区5位

    【Web限定記事】バスケB1・川崎BT

    富山に1勝1敗 東地区5位 スポーツ

    12月の奮起誓う

     バスケットボール男子Bリーグ1部・川崎ブレイブサンダース(BT)は11月14日と15日、川崎市とどろきアリーナ(中原区)でホーム戦2試合を開催。富山グラウジー...(続きを読む)

    11月20日号

  • 2週間で最多308人

    【web限定記事】川崎市内の「新型コロナ感染者数」

    2週間で最多308人 社会

    11月に入り急増傾向に川崎市「対策の徹底を」

     川崎市内の新型コロナウイルス感染者数が今月に入り再び増加傾向にあり、市は警戒感を強めている。11月2日から8日までの感染者数は127人(前週比50人増)。9日...(続きを読む)

    11月20日号

  • 幻の「川崎モノレール」辿る

    幻の「川崎モノレール」辿る 社会

    企画展で溝口駅予想図も

     今から半世紀以上前に、高津区などを中心にモノレール構想があったのをご存知だろうか。 中原区にある「川崎市公文書館」では、企画展「『交通...(続きを読む)

    11月20日号

  • 溝口の風物詩、今年も

    キラリデッキイルミネーション

    溝口の風物詩、今年も 経済

    20万球のLEDで彩り

     溝口駅前の冬を彩る「キラリデッキイルミネーション」の点灯式が11月13日にキラリデッキ円筒広場で行われた。今年で21回目。 当日は実行...(続きを読む)

    11月20日号

  • 「多摩川なまず」命名を

    宇奈根で釣り針に

    「多摩川なまず」命名を 文化

    3条件で市が募集

     多摩区の二ヶ領せせらぎ館の水槽にいる黄色いナマズ。高津区宇奈根付近の多摩川流域で今年6月、川崎河川漁業協同組合の理事が釣り上げたこの「多摩川なまず」に名前をつ...(続きを読む)

    11月20日号

  • 操縦士 昼夜2人体制へ

    川崎市消防ヘリ

    操縦士 昼夜2人体制へ 社会

    国基準、段階的に増員

     消防ヘリコプターの操縦士2人体制を定めた国の新基準を受け、川崎市は消防航空隊の増員を検討。現状の昼間2人・夜間1人体制から常時2人への移行を目指す。予算確保や...(続きを読む)

    11月20日号

  • 「市長への手紙」過去最多に

    【web限定記事】

    「市長への手紙」過去最多に 社会

    コロナ関連の要望なども急増

     川崎市は、市民が市政への意見や要望を出すことができる「市長への手紙」の2019年度の集計結果を公表。受理件数は3056件(前年度比532件増)で過去最高となっ...(続きを読む)

    11月13日号

  • プレミアム付食事券、発売

    【web限定記事】Go To Eat

    プレミアム付食事券、発売 経済

    LINEやコンビニで

     飲食業界を支援する国の事業「Go To Eatキャンペーン」。神奈川県におけるプレミアム付食事券が11月6日に販売開始される。 食事券...(続きを読む)

    11月13日号

  • 川崎市「成人の日を祝うつどい」3部制&オンライン配信の2本立に

    【web限定記事】

    川崎市「成人の日を祝うつどい」3部制&オンライン配信の2本立に 文化

    式典実行委も試行錯誤続く

     従来の2部から3部制に増やした会場開催と、オンライン配信の2本立てで行われる、来年1月11日の川崎市「成人の日を祝うつどい」。16歳から23歳の市内ゆかりの有...(続きを読む)

    11月13日号

  • コロナ下、行事にひと工夫

    コロナ下、行事にひと工夫 教育

    下作延小「リモート運動会」

    一体感はそのままに 長引くコロナ禍の影響で、学校行事にも様々な変化が生じる中、小学校の「運動会」については今秋「スポーツフ...(続きを読む)

    11月13日号

  • 「mottECO(モッテコ)」が大賞

    ドギーバッグアイデアコンテスト

    「mottECO(モッテコ)」が大賞 文化

    坂戸の大谷さん夫婦の合作

     食品ロスを削減しようと環境省などが行った「Newドギーバッグアイデアコンテスト」のネーミング部門で、坂戸在住の大谷研二さん、紗苗さん夫婦が合作した「mottE...(続きを読む)

    11月13日号

  • 環境功労者を表彰

    川崎市

    環境功労者を表彰 社会

    区内からは3個人、3団体

     川崎市は10月30日、地球環境の向上に寄与した個人や団体42組を環境功労者として表彰した。  持続可能な社会の構築を目...(続きを読む)

    11月13日号

  • 区子連とコラボし初開催

    高津消防署防火ポスター展

    区子連とコラボし初開催 社会

    応募作品展示、きょうまで

    関係者のみで式典  高津消防署(藤原收署長)と高津子ども会連合会の初コラボイベント「防火ポスター作品展」の...(続きを読む)

    11月13日号

  • 地域の課題 解決へ

    地域の課題 解決へ 社会

    市民提案型事業を募集

     高津区では現在、地域の身近な課題の解決を図るため、地域で活動する団体が独自のアイデアや手法を生かし、区役所と協力して実施する事業を募集している。...(続きを読む)

    11月13日号

  • 晩秋に寄席楽しむ

    市民プラザ

    晩秋に寄席楽しむ 文化

    22日 無料予約受付中

     市民寄席「第3回ぷらり寄席」が11月22日(日)、川崎市民プラザふるさと劇場(新作)で開かれる。  アマチュアによる落...(続きを読む)

    11月13日号

  • 「C級グルメ」作品募集

    「C級グルメ」作品募集 文化

    地場農産物のレシピ

     市民団体「かわさき・食と農のコミュニティ」は12月10日(必着)まで、市内の地場産野菜・果物を使った料理レシピを競う「かわさきC級グルメコンテスト」...(続きを読む)

    11月13日号

  • 「いのちの電話」の現状とは

    コロナ禍でニーズ拡大

    「いのちの電話」の現状とは 社会

    川崎センター 有田事務局長に聞く

     新型コロナウイルスの影響により自殺予防の電話相談「いのちの電話」のニーズが高まっている。しかし、相談員の減少などでかかってきた電話を取れないケースもある。深刻...(続きを読む)

    11月13日号

  • 「コロナ後見据え、税財政改革と経済再生を」

    【web限定記事】川崎北法人会

    「コロナ後見据え、税財政改革と経済再生を」 経済

    地元国会議員に提言書提出

     (公社)川崎北法人会(持田和夫会長)は10月22日、2021年度の税制改正に関する提言書を国に提出した。持田会長ら4人が議員会館(東京都)を訪問し、...(続きを読む)

    11月6日号

  • ケンゴ、今季限りで引退

    川崎F

    ケンゴ、今季限りで引退 スポーツ

    市、功労賞贈呈を検討

     サッカーJ1・川崎フロンターレの中村憲剛選手(40)が11月1日、ウェブ上で会見を開き、今季限りでの現役引退を発表した。クラブ一筋18年、「川崎の顔」としてチ...(続きを読む)

    11月6日号

  • 新形態の大会、初開催

    ムサシボウル「ムサシンピック」

    新形態の大会、初開催 スポーツ

    コロナ禍に負けず盛況

     溝口のボウリング場「ムサシボウル」(下村光夫支配人/【電話】044・833・6211)で、先月「ムサシンピック」が行われた。 「コロナ...(続きを読む)

    11月6日号

  • 在籍者10年で1・5倍

    市立小中特別支援学級

    在籍者10年で1・5倍 教育

    教員数の確保に課題

     川崎市内で特別支援教育を受ける児童生徒の数が増え続けている。市立小中学校の特別支援学級の在籍者は10年前の1・5倍、市立特別支援学校の在籍者は1・6倍。今後の...(続きを読む)

    11月6日号

  • 「ネパールに井戸、届けたい」

    「ネパールに井戸、届けたい」 教育

    橘小の取組み、再び話題に

     区内にある橘小学校6年3組の児童たちが、総合的な学習の時間を利用して、特長的な取り組みを実践している。今冬にも命を救うワクチン支援に役立つペットボトルキャップ...(続きを読む)

    11月6日号

  • 10年ぶりVへ意欲

    東芝野球部

    10年ぶりVへ意欲 スポーツ

    都市対抗 市庁舎で壮行会

     川崎市代表として第91回都市対抗野球大会に出場する「東芝野球部ブレイブアレウス」の村上伸二部長ら4人が今月2日、市庁舎を訪問。市と川崎商工会議所による壮行会が...(続きを読む)

    11月6日号

  • 12月から全戸投函

    市政だより

    12月から全戸投函 社会

    「1日号」78万部を予定

     川崎市は、コロナ禍の対応として9月から新聞折込等で配布していた「かわさき市政だより」の「1日号」について、12月から全世帯へのポスティング(郵便受け等への投函...(続きを読む)

    11月6日号

  • 川崎市、ネット上での差別的書き込み公表

    【Web限定記事】

    川崎市、ネット上での差別的書き込み公表 社会

    条例施行後初めて

     川崎市は10月22日、短文投稿サイト「ツイッター」上で市内に在住する外国籍の市民に対して差別的表現で中傷した書き込み9件の概要を公表した。このうち2...(続きを読む)

    10月30日号

  • 優良事業者を表彰

    【Web限定記事】 川崎市

    優良事業者を表彰 社会

    建設業23社に栄誉、女性技術者表彰には高津区内の企業「株式会社石岡組」勤務・藤田さんも

     川崎市は市が発注した建設工事での技術などに関して、他の模範となる事業者などを10月16日、市役所で表彰した。  川崎市...(続きを読む)

    10月30日号

  • 「中小企業支援」誓う

    【Web限定記事】

    「中小企業支援」誓う 経済

    川崎商議所が80周年

     川崎商工会議所(草壁悟朗会頭)は10月7日、川崎区にある同商議所KCCIホールで創立80周年の記念式典を開いた。同商議所役員、議員、来賓約130人が...(続きを読む)

    10月30日号

  • 景況感「依然厳しく」

    【Web限定記事】 川崎市内中小企業

    景況感「依然厳しく」 経済

    川信調査、8期連続マイナス

     川崎信用金庫は、今年7〜9月期の市内中小企業動向調査の結果を発表し、「景況感は依然厳しい」との見方を示した。  景気が...(続きを読む)

    10月30日号

  • 18区に横田氏擁立

    日本維新

    18区に横田氏擁立 政治

    IT会社代表取締役 元県議

     日本維新の会は今月、次期衆院選の立候補予定者となる神奈川18区(高津区・宮前区・中原区)支部長に元県議の横田光弘氏(62)を決定した。...(続きを読む)

    10月30日号

  • マスク姿で合同防災訓練

    明石穂・槍ヶ崎両自治会

    マスク姿で合同防災訓練 社会

    近隣の利活かし4回目

     区内・久末にある「明石穂自治会」(鈴木和子会長)と「槍ヶ崎自治会」(歳川末義会長)が10月18日、防災訓練を実施した。 コロナ禍の秋晴...(続きを読む)

    10月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 意外と知らない!?ボウリングの魅力

    改装3周年ムサシボウル所属プロがQ&Aで解説!

    意外と知らない!?ボウリングの魅力

    第1回「ジュニア選手の育成」について

    11月20日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第16話 その3 関口 務 さん

    11月20日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第16話 その2 関口 務 さん

    11月13日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク