中原区版 掲載号:2011年3月4日号
  • googleplus
  • LINE

伝統人形芝居「乙女文楽」を知ろう

「傾城恋飛脚」
「傾城恋飛脚」

 ひとみ座乙女文楽「若手公演」が今月13日(日)、人形劇団ひとみ座第1スタジオ(中原区井田3-10-31)で行われる。時間は午前11時から午後12時45分までと午後3時から午後4時45分までの2回。参加費は資料代2000円。主催は(財)現代人形劇センター。

 男性三人で一体の人形を操る伝統人形芝居「文楽」から発展した「乙女文楽」は、女性一人で一体の人形を遣う人形芝居。今回はひとみ座の中堅、若手メンバーが「二人三番叟」「義経千本桜 吉野山道行」「傾城恋飛脚 新口村の段」の3演目を上演し、人形の解説も行う。全身を使いスピーディーでダイナミックな演技を観ることができる。

 申し込み、問い合わせは同センター【電話】044・777・2228まで。
 

中原区版のローカルニュース最新6件

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク