中原区版 掲載号:2011年7月29日号
  • googleplus
  • LINE

法政通りそうめん流し 800人が夏を満喫

文化

笑顔でそうめんをすくう子どもたち
笑顔でそうめんをすくう子どもたち

 法政通り商店街(西澤和夫会長)恒例の「大そうめん流し」が今月22日に開催され、約800人が参加した。

 全長80mのそうめん台には子どもたちを中心に多くの人が列をなし、流れてくるそうめんを楽しそうにすくっていた。

 エコがテーマということで、そうめんを流した水は、今井中学校の生徒により打ち水として商店街にまかれた。参加条件でもあった牛乳パックはトイレットペーパーにリサイクルされる。

 近所に住み2人の子どもと参加した主婦は「なかなか家ではできないことなので楽しかった。知らない人とつきあえるのも魅力。来年も参加したい」と笑顔だった。

 同商店街では「参加した人も楽しそうだったが、運営する商店街側も楽しかった」と話していた。
 

そうめんに興味津々
そうめんに興味津々

中原区版のローカルニュース最新6件

西宮下し6連勝

サンダース

西宮下し6連勝

3月16日号

回復への支援に感謝

ツアーで商店街を堪能

車椅子2台を寄贈

川崎北法人会

車椅子2台を寄贈

3月16日号

小原孝ピアノコンサート

「なかパラ」に集まれ

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク