中原区版 掲載号:2015年4月17日号 エリアトップへ

川崎市 JOCと連携協定 東京五輪に向け施設支援

スポーツ

掲載号:2015年4月17日号

  • LINE
  • hatena
協定書を手にする福田市長と竹田会長
協定書を手にする福田市長と竹田会長

 川崎市と日本オリンピック委員会(JOC)は3月30日、岸記念体育会館の日本スポーツマンクラブ(東京都渋谷区)でパートナー都市の協定書に調印した。

 協定内容は、川崎市は、川崎マリエンにあるビーチバレーコートなどの所有施設の優先利用や利用料の免除などで選手強化を支援、また五輪推進運動でも協力を行う。JOCは、同市が行うスポーツ教室へのオリンピック選手の派遣など、スポーツ振興事業を支援・協力する。

 調印式には、福田紀彦川崎市長とJOCの竹田恒和会長が出席した。福田市長は「市には国際スポーツ大会を経験している施設がいくつもある。2020年の東京五輪・パラリンピック成功に向け、市としても全力を尽くしたい」と後押しすることを表明。竹田会長も「スポーツ施設のみならず、国際イベントなどのソフト面でも協力を期待したい」と話した。

 川崎市は2月に東京五輪に向け、スポーツ振興や大会運営の支援などを盛り込んだ「かわさきプロジェクト」と題した取り組み方針を発表。JOCに協力を申し出ていた。

 パートナー都市は、4月3日に調印する群馬県高崎市を含め19都市で、県内では08年の横浜市に次いで2例目。五輪開催決定後では初の同都市となった。

中原区版のローカルニュース最新6

立候補予定者 政策訴え

川崎市長選

立候補予定者 政策訴え 政治

【Web限定記事】川崎JC 公開討論会

10月15日号

今季も「攻めて勝つ」

今季も「攻めて勝つ」 スポーツ

山内主将が意気込み

10月15日号

「ウルトラマン」上映

市民ミュージアム

「ウルトラマン」上映 文化

30日、等々力緑地で

10月15日号

草刈り・花壇の手入れを

草刈り・花壇の手入れを 社会

市民健康の森で

10月15日号

男女混合チアが始動

男女混合チアが始動 スポーツ

「SPARKLES」

10月15日号

高齢者の就労を支援

高齢者の就労を支援 社会

川崎市シルバー人材センター

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook