中原区版 掲載号:2016年4月22日号 エリアトップへ

19年ぶりの大相撲に歓声 6700人のファンが集まる

スポーツ

掲載号:2016年4月22日号

  • LINE
  • hatena
迫力満点の取組が次々行われた
迫力満点の取組が次々行われた

 川崎市で19年ぶりの開催となった大相撲の『川崎ふるさと場所』が4月13日、川崎市とどろきアリーナで行われた。

 当日は相撲ファンや地元住民ら約6700人(主催者発表)が訪れ、力士同士の体のぶつかり合いに歓声をあげて楽しんだ。さらに、横綱白鵬関と川崎フロンターレ・大久保嘉人選手の取組、力士とちびっこの稽古などさまざまな取組も企画され、会場は盛り上がりをみせた。夫婦で観戦に訪れた上小田中在住の飯島国雄さん・知枝さん夫妻は「稀勢の里、琴奨菊ら日本人力士の土俵を楽しみにきた。テレビで見るのと違って、近くで見ると迫力があるね」と話した。

 イベントを終え、大相撲川崎ふるさと場所実行委員会では「飲食店の数を多くしたり、大久保選手が登場したりと、若い人から年配の人まで楽しんでもらえる巡業となった」と振り返った。

 同実行委員会では、「多くの方に親しんでもらい、川崎に相撲文化を根付かせたい」という意向から、来年の4月にも同様の巡業を予定しているという。

中原区版のローカルニュース最新6

6月15日から通常授業

市内小中学校

6月15日から通常授業 教育

夏休みは2〜3週間短縮

5月29日号

6月1日から利用再開へ

【Web限定記事】川崎市内の施設

6月1日から利用再開へ 社会

図書館等は段階的に対応

5月29日号

地域で防ぐ振り込め詐欺

不動産を無料で査定

【Web限定記事】不動産2社×タウンニュース

不動産を無料で査定 社会

締切迫る、5月31日まで

5月29日号

コロナ以外の感染症減る

【Web限定記事】

コロナ以外の感染症減る 文化

感染症やA群溶連菌咽頭炎など

5月29日号

待機児童12人、中原区は1人

【Web限定記事】川崎市

待機児童12人、中原区は1人 社会

未就学児減少も申請増加

5月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月22日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク