中原区版 掲載号:2017年3月17日号
  • googleplus
  • LINE

多様性、可能性の「川崎」 映像に ユーチューブなどで視聴可能

社会

 川崎市は市の多様性と可能性を示すブランドメッセージ「Colors,Future!いろいろって未来。」を表す映像を制作した。ストーリーは認知症やそうでない人とともに走りタスキをつなぐランニングイベントで迷子になった若年性認知症の男性が軸に進む。最初に出会った車いすの少女に誘われ、公園で体操をするシニア、ダンサーなど多様な人と出会い、ともにゴールを目指す。キャストは市内で活動する人を選んだ。

 舞台は2025年。団塊の世代が75歳に達するこの年に向けて市が進めている地域包括ケアシステムを具体的にイメージできるようにしたという。

 アゼリアビジョンや南武線トレイルチャンネル、ユーチューブ川崎市チャンネルで見られる。

音楽とダンスの祭典

中原区音楽ライブ「インユニティ」開催

http://www.city.kawasaki.jp/nakahara/page/0000087764.html

<PR>

中原区版のローカルニュース最新6件

関東労災病院 市民公開講座

「がん」をテーマに専門医が分かりやすく講演

http://www.kantoh.johas.go.jp/

<PR>

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク