中原区版 掲載号:2017年5月26日号 エリアトップへ

法政二・軟式野球部 今季4冠に挑む 6月2日から春季関東大会

スポーツ

掲載号:2017年5月26日号

  • LINE
  • hatena
県春季大会を制したメンバーら
県春季大会を制したメンバーら

 法政大学第二高等学校の軟式野球部が6月2日から群馬県で始まる第65回春季関東地区高等学校軟式野球大会に出場する。初戦は茨城県の土浦日大と対戦。チームは関東2連覇、今季4つ目の優勝に挑む。

 法政二高は、5月上旬に行われた県春季大会決勝で慶応高を下し、6年ぶり9度目の栄冠を掴み取った。秋の県大会、関東大会に続く大会制覇は、3冠とともに公式戦12試合無敗の記録も更新している。

 今年のチームは、昨年からマウンドを守ってきたエースの岸樹(きしたつき)くん(3年)を中心に守りを重視しながらリズムを作っていくチーム。最小失点に抑えつつ、相手の集中力が切れる終盤に一気に畳みかけるのが勝ちパターンだ。捕手の八方(はっぽう)隆盛(りゅうせい)くん(3年)は「先に相手に3点取られても、『これ以上は点をやらない』と気持ちは崩れない。終盤に必ず返すために雰囲気を良くというのは心がけている」と話す。慶応高との決勝も、序盤に許した2点を8回、9回で逆転するという粘りの野球で試合をひっくり返した。そして、いよいよ関東大会が迫る。主将の荻原大征くん(3年)は「2連覇をして、全国に繋がる夏の大会を見据えた野球をしたい」と意気込む。

伝統のOB監督

 同部はOBが監督として指揮をとるのが伝統だ。昨年夏からチームを率いるのは伊藤快晴(よしはる)監督。西中原中、法政二高を卒業して、現在は法政大・人間環境学部の2年生だ。「監督になると大学生らしい生活は送れなくなるけど、後輩の試合を見て、真剣勝負の緊張感などは味わえないし、貴重な体験になると思った」と監督を引き受けた。現役時代は春の関東大会で優勝を経験している。「これまでラクな試合は一度もなかった。地に足をつけた野球で優勝めざして頑張りたい」。若き指揮官にも注目が集まる。

中原区版のローカルニュース最新6

等々力で球春到来

川崎野球協会中原支部

等々力で球春到来 スポーツ

13チームがリーグ戦へ

4月16日号

未指定「文化財」募る

未指定「文化財」募る 文化

市顕彰制度、4年目に

4月16日号

災害時に入浴支援

災害時に入浴支援 社会

浴場組合が市と協定

4月16日号

県内SDGs事例を冊子に

県内SDGs事例を冊子に 社会

中小企業の15事例掲載

4月16日号

所属委員会決まる

所属委員会決まる 政治

川崎市議会

4月16日号

局長級の女性は2人

局長級の女性は2人 社会

4月1日付市人事

4月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter