中原区版 掲載号:2018年3月30日号 エリアトップへ

不登校「悩みの共有を」 4月に相談会、5月に交流会

社会

掲載号:2018年3月30日号

  • LINE
  • hatena
昨年行われた交流会
昨年行われた交流会

 不登校の児童や生徒らの親を支援している「不登校を考える親の会川崎の会(竹内春雄代表)」は5月20日(日)、かわさき市民活動センター(中原区新丸子東3の1100の12)で交流会を開催する。午後1時30分から。

 実際に3人の子が不登校になった経験をもつ八王子在住の主婦を招き、「不登校、初めて気づく宝物の時間」をテーマに、親同士が交流し共有を図る。代表の竹内さんは「同じ経験、同じ気持ちをもつ者同士で気軽に話し合うことが大切。ぜひお気軽にご参加下さい」と話している。

「解決の糸口に」

 同会は月に一度、ボランティアで相談会を開き不登校の子の保護者が悩みを共有できる場を提供。かわさき市民活動センターを中心に活動を続け4年、参加者も徐々に増え、多い時では20人近くが集まるという。

 文科省によると、不登校の児童・生徒は現在全国で約12万6千人。市内でも、各学校で約2〜3%いるとされる。竹内さんは「不登校の子どもの親は相談相手もなく、一人で悩みを抱え込んでいる方が多い。少しでも気が楽になってもらい、解決の糸口になれば」と話す。なお、次回の相談会は4月22日(日)10時から。

 問合せは、不登校を考える親の会川崎の会・竹内さん【電話】044・422・6557、又は【携帯電話】090・3692・6996へ。

中原区版のローカルニュース最新6

死亡事故、全国で最多

神奈川県内

死亡事故、全国で最多 社会

8日時点で118人

11月26日号

天皇杯まで応援を!

天皇杯まで応援を! スポーツ

12月12日、等々力で準決勝

11月26日号

コロナ禍の人権学ぶ

コロナ禍の人権学ぶ 社会

全3回の講演会

11月26日号

「店づくり」子どもの手で

「店づくり」子どもの手で 社会

夢パークで「ゆめ横丁」

11月26日号

地上51mで望む初日の出

川崎マリエン

地上51mで望む初日の出 文化

事前申し込み制で

11月26日号

人気のフリマ開催

人気のフリマ開催 社会

きょう、国際交流センターで

11月26日号

中原区役所よりお知らせ

地元ショッピングモールで2つのイベント開催

https://www.city.kawasaki.jp/nakahara/index.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook