中原区版 掲載号:2018年6月8日号
  • LINE
  • はてぶ

着物姿で街の魅力伝え3年 外国人にも好評、次回は6月24日 

文化

中原街道巡りを楽しんだ参加者ら
中原街道巡りを楽しんだ参加者ら
 着物姿で街を歩き、川崎の魅力発見につなげようという企画「かわさき変身館きもので街歩き」が、今年で3年目を迎えた。先月27日には市民ら10人が参加し、中原街道の史跡巡りや市民ミュージアム見学などを行った。

 主催するのは、着物の普及に努めるみやうち着物学院、全国着付士技能コンクールを行う中央着付士能力開発協同組合など。開催は主に毎月第4日曜日。着物の他、新撰組や町娘などの衣装もレンタルできるとあって、最近では外国人や若者の参加も増えているという。学院長の尾崎弘子さんは「観光に訪れた外国人の方にも喜ばれ、川崎を知ってもらう機会にもなっている。東京五輪に向け一人でも多くの方に体験してもらえたら」と話す。

 次回は6月24日(日)、アジサイの名所で知られる妙楽寺(多摩区)などを巡るコースを予定。「着物に親しみ、川崎の街の魅力を一緒に感じてみませんか」と尾崎さん。参加費は2500円(昼食、保険料込/衣装レンタル代別途)。問合せは【電話】044・740・2656へ。

ソニックエステ体験1080円

武蔵新城スキンケアハウスみまつ

https://mimatsu-web.com/

<PR>

中原区版のローカルニュース最新6件

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「気軽に珈琲をどうぞ」

生活介護アイ・ケア

「気軽に珈琲をどうぞ」

10月21日 初の地域交流会

10月21日~10月21日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク