中原区版 掲載号:2019年7月19日号 エリアトップへ

川崎市 五輪に向け、時差通勤 24日、チャレンジデー

経済

掲載号:2019年7月19日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市が朝の鉄道通勤ラッシュ対策の一環として、7月22日(月)から9月6日(金)まで、市職員のオフピーク通勤を実施する。

特に、7月24日(水)は、来年同日が東京2020大会の開会式当日となるため「超!重点チャレンジデー」として設定。東京都の交通混雑緩和の取り組み「スムーズビズ」推進期間と合わせ、民間企業に対しても参加を働きかけ、混雑緩和に向け広く普及啓発を目指す。

 市はこれまで、2017年度から期間を限定して時差通勤に取り組んでおり、今回で4回目の実施となる。鉄道で通勤する市役所職員に対し、朝の最も混雑する時間帯をずらして出勤する「オフピーク通勤」を推奨。1日の勤務時間(7時間45分)は変更せず、定時の午前8時30分から前後に出勤時間をずらした5つのパターンから職員が任意で選択できる仕組みだ。協力を表明する企業も昨年夏時点から11団体増え、現在は市内19団体。

 今年は、取組み期間を過去最長の7週間に拡大。開会式へ向けたチャレンジデーだけでなく、大会開催期間となる7月22日から8月2日(オリンピック)、8月19日から30日(パラリンピック)までも、集中取り組み期間に設定した。市の担当者は「時差通勤だけでなく、在宅勤務やサテライトオフィスの活用など、取り組んでいる団体は他にもあるはず。まずは定着化を更に進めて、多くの方に、混雑緩和に向けて意識を高めてもらえれば」と話している。

中原区版のローカルニュース最新6

新成人 新たな門出

新成人 新たな門出 社会

等々力に6414人

1月17日号

どんど焼きで健康願う

どんど焼きで健康願う 社会

八幡大神

1月17日号

自治功労賞に原会長

自治功労賞に原会長 社会

贈呈式は2月14日

1月17日号

『なかミュー』 チケット販売へ

『なかミュー』 チケット販売へ 文化

1月25日、中原市民館で

1月17日号

若者向け動画でPR

ともに生きる社会かながわ憲章

若者向け動画でPR 社会

1月17日号

出初式、華やかに

出初式、華やかに 社会

消防関係者、一堂に

1月17日号

「愛称」を市民投票で

多摩川サイクリングコース

「愛称」を市民投票で 社会

1月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク