中原区版 掲載号:2020年5月29日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 家庭ごみ、南北縦断 巣ごもりで5〜20%増

社会

掲載号:2020年5月29日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルスの感染拡大により外出機会が減る中、家庭ごみの量が増加している。川崎市はごみの分別徹底などでの減量の協力を呼び掛けている。

 

 市によると、緊急事態宣言が発令された4月7日以降のごみの収集量が顕著に増加。4月6日から5月23日までの収集量は速報値で前年比で5〜20%増加しているという。ゴールデンウィーク後半から連休明け5月4日から9日は昨年比で約1000トン多い約6385トンに達し、11日以降も2週連続で昨年より多く収集されている。

 

 市内には現在、3カ所の焼却施設が稼働。このうち、王禅寺処理センター(麻生区)は4月から5月末までの期間で約2000トン、ごみの搬入量が増えることを見込む。処理機能不全の事態を懸念し、焼却しきれないごみを連日、浮島処理センター(川崎区)へトラックで運んでいる。

 

 家庭ごみ増加の要因について市は、在宅時間の増加による家庭内の片づけ時間が増えたことや食品のテークアウト利用者が増えたことなどを挙げる。「食品ロスをなくすよう食べ切りを心掛けることや買い物時のマイバック携帯などで少しでも減量に協力してもらえれば」と語る。また、「新型コロナウイルス感染者や感染の疑いのある方が使用したマスクやティッシュなどは、ごみ袋に入れてしっかり封をし、普通ごみとして出してもらえれば」と、感染と隣り合わせの清掃作業員への配慮も呼び掛ける。

中原区版のローカルニュース最新6

今年誕生の新生児に支給

じもと応援券

今年誕生の新生児に支給 経済

利用期間3月末まで延長

9月24日号

若さでまちづくりに邁進

若さでまちづくりに邁進 社会

川崎JC70周年

9月24日号

拉致問題、理解深めて

拉致問題、理解深めて 社会

10月2日 市民のつどい

9月24日号

衣装でイベント下支え

衣装でイベント下支え スポーツ

クラブ公認ボランティア

9月24日号

原点は「その先の笑顔」

川崎フロンターレ応援特集

原点は「その先の笑顔」 スポーツ

クラブスタッフ 若松慧さん

9月24日号

親子で楽しむサッカー教室

川崎フロンターレ応援特集

親子で楽しむサッカー教室 スポーツ

11月、川崎Fコーチが指導

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook