中原区版 掲載号:2020年6月12日号 エリアトップへ

市政報告vol.60 苅宿小田中線III期工事議案上程。アンダーパス化からさらに先へ。 川崎市議会 自民党川崎市議団副団長 末永 直

掲載号:2020年6月12日号

  • LINE
  • hatena

1.苅宿小田中線III期工事契約締結の概要

 第4回定例会(6月1日〜24日)開会中です。自民党川崎市議会議員団は6月10日、代表質問を行いました(質問者・野田雅之議員)。議案、市政一般と多岐にわたりますが本稿では、地元案件である議案第90号苅宿小田中線(III期)工事請負契約の締結について市政報告致します。

 木月伊勢町と木月住吉町境の、関東労災病院横の東急目黒線の踏切は、待合時間と渋滞、道幅の狭さによる危険性が訴えられており、私も過去何度も議会質問で取り上げました。本工事内容は踏切除去に伴う立体交差化等で、一般競争入札ですが過去二度も入札不調でした。

 契約金額は24億5630万円。契約相手方はフジタ・織戸共同企業体。完成期限は令和6年3月31日です。金額の内訳は、建設緑政局長の答弁によると、【1】土留による掘削や擁壁築造、舗装など、道路を築造する土木工事に約22億円。【2】道路排水設備や道路昇降設備などの機械工事に約6千万円。【3】道路排水を行うポンプ施設の上屋の建築工事に約4千万円とのことです。

2.東日本台風と同程度の雨量は処理できる

 一番の懸念は、令和元年東日本台風のような風水害(市内の最大時間雨量40ミリ)への対策は万全なのかですが、建設緑政局長答弁によると「時間雨量58ミリに対応できるポンプ施設を設置するため、東日本台風と同程度の雨量は処理できる」とのことです。

3.法政グラウンドまで道路延伸、II期整備を

 本道路を法政グラウンド前まで伸ばす計画(II期工事)は、第2次川崎市道路整備プログラム(〜令和7年度)では「調整路線」として格下げの位置付けになっています。今回、III期工事完成までの見通しが立つわけで、「プログラム対象路線」へと格上げすべきではないかと質問し、「検討していく」とのことでした。実現できれば小田中から苅宿まで踏切を待つ必要がない広い道路ができ、バスも通る可能性があります。長期戦にはなりますが、更に利便性を良くする為にも、区民の皆様にはぜひご賛同をお願い致します。

車両や歩行者が行き交う踏切
車両や歩行者が行き交う踏切

末永直

suenagayuke26@gmail.com

TEL:044-789-5823

http://suenagayuke.com/

<PR>

中原区版の意見広告・議会報告最新6

経験と知識、総動員で

インタビュー

経験と知識、総動員で

経済財政・再生担当大臣 やまぎわ大志郎

10月15日号

政権交代で、いのちと暮らしを守る新しい政治を

意見広告

政権交代で、いのちと暮らしを守る新しい政治を

日本共産党 前衆議院議員 はたの君枝

10月15日号

「変えよう。」

意見広告

「変えよう。」

立憲民主党 元衆議院議員 三村和也

10月15日号

幼稚園「保育料補助」等で、保護者の負担軽減を

市政報告

幼稚園「保育料補助」等で、保護者の負担軽減を

日本共産党川崎市会議員団 おおば裕子

10月15日号

生理用品の無償提供

県政報告

生理用品の無償提供

日本共産党神奈川県議会議員 君嶋ちか子

10月15日号

「移動の権利」確保に全力で

市政報告

「移動の権利」確保に全力で

日本共産党川崎市会議員団 市古 次郎

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook