中原区版 掲載号:2020年8月21日号 エリアトップへ

思いつなぐ食糧支援 市社協 寄付募り無償提供

社会

掲載号:2020年8月21日号

  • LINE
  • hatena
提供される食糧の一例
提供される食糧の一例

 新型コロナウイルスの影響で失業や収入減少に悩む生活困窮者を支えようと、川崎市社会福祉協議会が新たな取り組み「食糧支援 かわさき」を先月開始。企業や地域住民から集めた食品を無償で提供していく。

 10月末まで実施。提供までの流れは、企業や社会福祉施設、地域住民の協力で食糧を確保し、各区に設置する食糧保管拠点(フードパントリー)で保管。区社協や児童相談所、地域包括支援センターなどの相談機関が、拠点から支援を必要とする世帯に食糧を届ける。

 社協が窓口の「生活福祉資金特例貸付」の申請者に貸付が行き渡る10月末までを期間と設定するが、実施後は課題を検証し継続を検討する。

 食糧支援だけではなく、支援が必要な人を適切な相談機関につなげることも目的だ。実際に食糧を受け取った人からは「お金や食糧を切り詰めた中で生活していたので、次の支援につながるまでなんとか頑張れる」との声が寄せられたという。また、市内から食糧を募ることで「地域福祉に目を向けるきっかけにし、市内で支援の流れをつくっていきたい」と担当者は見据える。

寄付を呼びかけ

 市社協は食糧の寄付を呼びかけている。対象は、常温保存できる未開封の缶詰やレトルト食品、インスタント食品、乾物などで、原則、消費期限が2カ月以上あるもの。受付場所など詳細は、市社協ボランティア活動振興センター【電話】044・739・8718(平日午前8時30分から午後5時)。

中原区版のローカルニュース最新6

死亡事故、全国で最多

神奈川県内

死亡事故、全国で最多 社会

8日時点で118人

11月26日号

天皇杯まで応援を!

天皇杯まで応援を! スポーツ

12月12日、等々力で準決勝

11月26日号

コロナ禍の人権学ぶ

コロナ禍の人権学ぶ 社会

全3回の講演会

11月26日号

「店づくり」子どもの手で

「店づくり」子どもの手で 社会

夢パークで「ゆめ横丁」

11月26日号

地上51mで望む初日の出

川崎マリエン

地上51mで望む初日の出 文化

事前申し込み制で

11月26日号

人気のフリマ開催

人気のフリマ開催 社会

きょう、国際交流センターで

11月26日号

中原区役所よりお知らせ

地元ショッピングモールで2つのイベント開催

https://www.city.kawasaki.jp/nakahara/index.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook