中原区版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

周到な備えで迅速に対応 中原消防団 布施行雄団長

社会

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena

 「正直、はじめは大したことにはならないと思い込んでいた」。雨脚が強まるなか、午後5時頃から消防署に待機していた布施団長。街に水が溢れ出したのは「あっという間」で、夜が更けるにつれて救助要請は増加。切迫感が募ったという。浸水した地域から「避難したいけど外に出られない」との声がいくつも届き、救助用ボートが必要になるも当時、中原区が保有していたのは1艇のみ。麻生署から1艇を借りたが「とても間に合う要請数ではなかった」。先着順で対応せざるを得ず、強い焦燥感と罪悪感に苛まれた。深夜まで対応にあたり13日の明け方に帰路で、倒木や冠水など被害の状況を目の当たりにし「大変なことになったという実感が湧いた」という。

 被災を受けて消防団は、救助用ボートの重要性を再認識。今年、新たに6艇のボートが区内に設置され、先月はボートの組み立て方法を学ぶ訓練などをして台風シーズンに備えたが、数にも性能にも課題が残る。特に、高所への避難が困難な車いす利用者を救助する場合、現在保有するボートでは安定性を欠き、要救助者にも団員にも危険が及ぶとして車いすに対応したボートの設置を求めている。また、水害を想定した訓練も現在は、知識をつけることに注力し、実技が足りないという。布施団長はプールなど水場での実践訓練が必要とし「周到に準備し、いざというときに備えたい」と話す。

中原区版のローカルニュース最新6

男女で県V 春高へ

市立橘高校バレーボール部

男女で県V 春高へ スポーツ

初戦は1月5日、新潟代表と

12月3日号

児童から感謝の声

新城鈴虫愛好会

児童から感謝の声 教育

命の大切さ伝える授業で

12月3日号

海外の絵本32冊寄贈

川崎とどろきRC

海外の絵本32冊寄贈 社会

市国際交流協会へ

12月3日号

ドリブル上達に「思考力」

プログラミング×サッカー

ドリブル上達に「思考力」 スポーツ

川崎Fらが企画

12月3日号

「生きづらさ」テーマ

中原図書館展示

「生きづらさ」テーマ 教育

保護司のお薦め本も紹介

12月3日号

SDGs制度、新たに220者

SDGs制度、新たに220者 社会

第3回市パートナー

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook