中原区版 掲載号:2020年10月16日号 エリアトップへ

基準地価中原区 住宅地、商業地とも下落 県・市変動率は上回る

経済

掲載号:2020年10月16日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県は9月29日、土地取引の指標となる県内基準地価(7月1日時点)を発表した。中原区は住宅地と商業地を合わせた平均変動率が1・1%で、前年の4・0%より2・9ポイント下落した。全県的に、新型コロナウイルスの影響による経済の先行き不透明感が要因としている。

 基準地価は、1平方メートルあたりの価格を都道府県が調査し毎年1回公表。今回対象となったのは、県内927地点、川崎市内116地点、中原区は住宅地と商業地あわせ17地点。

 中原区は、住宅地の平均価格が38万3100円で県内トップ。ただ、変動率は0・9%にとどまり、前年比2・0ポイント下落した。9地点のうち8地点でプラスを維持したが、「上丸子山王町2丁目1319番4」は1・4%のマイナスに転じた。

 中原区の商業地は、平均価格が80万2300円で県内5位。変動率は1・3%で、前年より3・9ポイント下落した。全8地点のうち、マイナスになった地点はなかった。

 市や区の状況について県の担当者は、「住宅地は都心に接近している優位性や都内との価格差を反映し前年まで上昇基調だったが、コロナ禍の影響で反動が大きかった」と分析。商業地への影響は、オフィスよりも店舗の方が大きいとしながらも、今度の動向は不透明としている。

<PR>

中原区版のローカルニュース最新6

立候補予定者 政策訴え

川崎市長選

立候補予定者 政策訴え 政治

【Web限定記事】川崎JC 公開討論会

10月15日号

今季も「攻めて勝つ」

今季も「攻めて勝つ」 スポーツ

山内主将が意気込み

10月15日号

「ウルトラマン」上映

市民ミュージアム

「ウルトラマン」上映 文化

30日、等々力緑地で

10月15日号

草刈り・花壇の手入れを

草刈り・花壇の手入れを 社会

市民健康の森で

10月15日号

男女混合チアが始動

男女混合チアが始動 スポーツ

「SPARKLES」

10月15日号

高齢者の就労を支援

高齢者の就労を支援 社会

川崎市シルバー人材センター

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook