中原区版 掲載号:2020年12月11日号 エリアトップへ

ホームレス 「缶集めは死活問題」 市の条例化へ意見

社会

掲載号:2020年12月11日号

  • LINE
  • hatena
市職員に声を届けるホームレスら
市職員に声を届けるホームレスら

 資源物の持ち去りを禁止する条例の制定をめざす川崎市は12月7日、アルミ缶を集めるホームレスから直接意見を聞く集会を川崎区内で開いた。

 民間支援団体などを通じて集まったホームレスは10人弱。薬物やギャンブル依存からの脱却を支援する団体・川崎マックの青木知明さんは「条例を制定する前に話し合う市の姿勢は評価したい」としながらも、「アルミ缶集めで100人ほどが食いつないでおり、まさに死活問題。別の対策を検討すべき」と訴えた。

 70代のホームレスの男性は「罪悪感はあるから、住民に迷惑をかけないよう挨拶や掃除もしている。中には好意で缶を提供してくれる人もいて生きがい。アルミ缶頼みの生活で、死ぬ勇気もない」と思いを吐露した。他の参加者からは、市の委託業者以外で粗大ごみを回収するトラックや、ホームレスを装い缶集めする人がいるなど、市内の資源物持ち去りをめぐる現状も伝えられた。

 市環境局の担当者は「条例制定に向け、市民の安心安全を前提に、路上生活者の声を参考に自立支援策も含めて検討していく」とし、今後も集会を開く予定という。

 市が今年実施した調査では、市内のホームレスは214人で、5年前と比べ半減している。

中原区版のローカルニュース最新6

男女で県V 春高へ

市立橘高校バレーボール部

男女で県V 春高へ スポーツ

初戦は1月5日、新潟代表と

12月3日号

児童から感謝の声

新城鈴虫愛好会

児童から感謝の声 教育

命の大切さ伝える授業で

12月3日号

海外の絵本32冊寄贈

川崎とどろきRC

海外の絵本32冊寄贈 社会

市国際交流協会へ

12月3日号

ドリブル上達に「思考力」

プログラミング×サッカー

ドリブル上達に「思考力」 スポーツ

川崎Fらが企画

12月3日号

「生きづらさ」テーマ

中原図書館展示

「生きづらさ」テーマ 教育

保護司のお薦め本も紹介

12月3日号

SDGs制度、新たに220者

SDGs制度、新たに220者 社会

第3回市パートナー

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook