中原区版 掲載号:2021年4月2日号 エリアトップへ

市空き店舗活用アワード 大賞に新城の「藩次郎」 東北と川崎の食材、ラーメンに

社会

掲載号:2021年4月2日号

  • LINE
  • hatena
大賞を受賞した「麺匠 藩次郎」の横瀬代表
大賞を受賞した「麺匠 藩次郎」の横瀬代表

 空き店舗を活用し、商店街活性化に寄与した商店を川崎市が表彰する「いらっしゃい!商店街のNEWショップ」。第6回大賞に、新城の「麺匠 藩次郎」が選ばれた。東日本大震災の被災地・宮城県女川町の魚介や川崎産の野菜を使ったラーメン作りが評価された。

 同店は2019年に日光通商店街に開店。代表の横瀬徹さんは16年から同所で居酒屋も営んでおり、出身地・女川町の魚介を仕入れていた。残ったアラを捨てることに抵抗のあった横瀬代表。「最後まで使いきる方法はないか」とスタッフと試行錯誤し、ラーメンのスープを開発。市内の農家から仕入れた食材も使い、海鮮白湯塩らーめんとして提供している。

 3月18日には市役所で表彰式が開催された。福田紀彦市長は「被災地との関わりを持ち続け、地元野菜も使っている。東北と川崎の究極のコラボ」と称えた。横瀬代表は「復興ではなく『発展』。女川町との関係はやめない」と話した。

町おこしにも寄与

 新城エリアの活性化のため、商店街のイベントにも積極的に参加。人気イベント「1000Bero(せんべろ)」には発足から携わる。横瀬代表は「出店当時から周りの商店の皆さんに応援してもらった。新城は商売の聖地。もっと盛り上げていけたら」と話す。

中原区版のローカルニュース最新6

江川沿い泳ぐ鯉のぼり

江川沿い泳ぐ鯉のぼり 文化

風物詩、6年ぶりに復活

4月9日号

聖火リレー 市内6月30日に

聖火リレー 市内6月30日に スポーツ

最高齢ランナー五島さん意欲

4月9日号

アーケード、実際は開くの?

まちの「はてな」に迫る【2】

アーケード、実際は開くの? 文化

武蔵新城の商店街

4月9日号

事故ゼロへ、地域一丸

事故ゼロへ、地域一丸 社会

春の交通安全運動

4月9日号

U25で「地元」考える

U25で「地元」考える 社会

市内の若者集う初会合

4月9日号

北京に向け強化合宿

パラアイスホッケー

北京に向け強化合宿 スポーツ

市内在住 石川さん参加

4月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク