中原区版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

中原消防団 旧総合自治会館で訓練 約1年ぶり 新人中心に

社会

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena
ロープで吊り上げて2階へホースを運搬
ロープで吊り上げて2階へホースを運搬

 中原消防団(三上能樹団長)は4月24日と25日、解体前の旧川崎市総合自治会館で災害を想定した訓練を行った。新型コロナの影響で、団全体での訓練は約1年ぶり。入団5年未満の新人団員を中心に、約40人が訓練に臨んだ。

 コロナ対策として2日に分け、各日3つのグループごとに実施。平地で行う通常の訓練ではできない、建物の高さを生かした実践的な訓練を行った。上階への放水用ホースの運搬では、約8キログラムを二人で抱えて階段を駆け上がった。また、階段が使えない場合も想定し、ロープで吊り上げる訓練も。火災現場では建物崩壊の危険性もあることから、指導にあたった中原消防署職員から「視野を広く保ち、声を掛け合って密に連携を取るように」との助言が送られた。

 約30キロの人形を用いて傷病者の搬送訓練も実施。緊急性や傷病者の体重などさまざまな状況に合わせ、適切な搬送体位を確認した。体験した団員らからは「小柄な女性や子どもを想定しているとは思えないほど重い」「すぐに体力を奪われそう。協力して救助する必要性を感じた」との声が上がった。

 昨年はコロナ下で訓練を中断。入団1年目で、訓練初参加の渦尻美桜さん(19)は「想像より重労働だった。実際の災害現場ではもっと迅速な動きが求められると思うので、今後も訓練を重ねたい」と意欲を見せた。

 三上団長は「新人団員の積極的に学ぼうという姿勢が見られて頼もしかった」と話した。

旧庁舎横で「懐かしい」

 中原署は約10年前まで同館横にあり、伊藤健一副署長によると周辺は同署職員のランニングコースだった。伊藤副署長は「昔から所属する団員の方々と懐かしんだ。この場所で再集合でき、感慨深い」と話した。
 

放水姿勢を学ぶ渦尻さん(左)
放水姿勢を学ぶ渦尻さん(左)

中原区版のローカルニュース最新6

「優れた読書活動」を表彰

「優れた読書活動」を表彰 教育

北LC、市内3校を選出

6月18日号

写真供養、今年も

川崎写真師会

写真供養、今年も 文化

市内4カ所で受付

6月18日号

剣士15人が昇級

中原区剣道連盟

剣士15人が昇級 スポーツ

コロナ下でも稽古積み

6月18日号

熱中症対策を知る

熱中症対策を知る 社会

市、7月に環境セミナー

6月18日号

親亡き後の障害児者支援

親亡き後の障害児者支援 社会

26日に講演会

6月18日号

シマウマのミドリ、天国へ

シマウマのミドリ、天国へ 社会

夢見ヶ崎動物公園

6月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter