中原区版 掲載号:2021年9月10日号 エリアトップへ

温暖化、高まる災害リスク 市活動推進拠点 庄司センター長に聞く

社会

掲載号:2021年9月10日号

  • LINE
  • hatena
取材に応じる庄司センター長
取材に応じる庄司センター長

 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が8月、7年ぶりに第6次評価報告書を発表した。報告書では「人為起源の気候変動は、多くの気象及び気候の極端現象に影響を及ぼしている」と公表。近年多発している気象災害と地球温暖化の関係について、川崎市地球温暖化防止活動推進センター(高津区)の庄司佳子センター長に聞いた。

 ―近年多発する集中豪雨など、災害の増加や大型化は地球温暖化とどのような関係がありますか

 「気象状況の重なりなどもあるので言い切れませんが、災害の多発化、大型化は温暖化の影響を受けていると言われています。市内でも大きな被害があった令和元年東日本台風で、その考えはさらに広まったように感じます。産業革命前(人為的な温暖化が進む前)と比べると、現在は気温が1・1度上昇しています。気温が上がると海水温も上がり、大気中の水蒸気量が増え降水量が増加します。『猛烈な雨』はここ30年で約1・7倍増加しているという気象庁のデータもあります」

 ―温暖化が進むと、今後どのような影響が出るのでしょうか

 「IPCCの報告書では、産業革命前に比べた気温上昇が今後20年以内に1・5度に達すると予測しています。そうなると、洪水被害は今の約2倍になるとも言われています。また、熱波により農作物などにも影響が出て、物価が上がり、私たちの生活にも直面するかもしれません。気温上昇が1・1度まで来ていることを考えると、脱炭素の動きを加速しなければいけません。市が進める『カーボンゼロチャレンジ2050』もその一つです」

 ―いま、私たちにできることは

 「マイボトルやカーシェアリングなど小さな取り組みでも社会全体で促進することで大きく変わってきます。また、今は電力会社が選べる時代。再生エネルギーにも目を向けてもらいたいです。エコは我慢することではなく、より豊かで楽しい暮らしをつくるものだと思います」

中原区版のローカルニュース最新6

水の循環「意識して」

等々力水処理センター

水の循環「意識して」 教育

児童の作品約530点

10月22日号

市民の健康願い寄付金

市民の健康願い寄付金 社会

明治安田生命が市に171万円

10月22日号

『川崎の町名』改訂へ

『川崎の町名』改訂へ 社会

24年の刊行目指す

10月22日号

「こどものまち」を撮影

ミニカワサキ

「こどものまち」を撮影 教育

11月上旬に公開予定

10月22日号

住宅地が回復傾向に

中原区基準地価

住宅地が回復傾向に 経済

9地点中8地点で上昇

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook