中原区版 掲載号:2021年9月10日号 エリアトップへ

住吉会館で集団接種 週4日、クリニックが実施

社会

掲載号:2021年9月10日号

  • LINE
  • hatena
問診する大澤医師(左)と接種対象者
問診する大澤医師(左)と接種対象者

 元住吉こころみクリニック(大澤亮太代表医師)が9月9日から、住吉会館(木月)で新型コロナウイルスワクチンの集団接種を始めた。毎週火・木・金・日曜で、各日250〜400人を対象に接種を進める。使用するワクチンはファイザー製。市によると、クリニックが会場を借りて集団接種を行うのは市内初という。

 同院ではワクチン接種が始まった当初から、通常診療の合間に週250人に接種を行ってきた。武蔵小杉の姉妹院でも、一日あたり400人規模の集団接種を3回実施。会場運営のノウハウを構築していった。

 そうした中、大澤医師のもとへ「接種予約が取れない」という市民の声が届くように。「感染が現実味をもって迫ってくる中、元住吉の医療機関として地域貢献がしたいと考えた」と大澤医師。モトスミ・ブレーメン通り商店街や住吉神社の協力を受け、同神社の境内にある会館を借りて集団接種を行うことが決まった。4日と7日は試験運用として各150人に接種を行った。

 予約方法は3つ。▽同院ウェブサイト内「キャンセル待ちのエントリーフォーム」に登録し、折り返しを待つ(同院の診察券必須)▽川崎市の接種予約サイト▽同院ウェブサイト内「地域の方限定予約サイト」(9日から運用予定/指定の地域在住者から順次受け付け)

 なおスムーズな会場運営のため、電話や窓口での予約・問い合わせは受け付けていないという。

中原区版のローカルニュース最新6

水の循環「意識して」

等々力水処理センター

水の循環「意識して」 教育

児童の作品約530点

10月22日号

市民の健康願い寄付金

市民の健康願い寄付金 社会

明治安田生命が市に171万円

10月22日号

『川崎の町名』改訂へ

『川崎の町名』改訂へ 社会

24年の刊行目指す

10月22日号

「こどものまち」を撮影

ミニカワサキ

「こどものまち」を撮影 教育

11月上旬に公開予定

10月22日号

住宅地が回復傾向に

中原区基準地価

住宅地が回復傾向に 経済

9地点中8地点で上昇

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook