中原区版 掲載号:2021年10月15日号 エリアトップへ

川崎市長選 立候補予定者 政策訴え 【Web限定記事】川崎JC 公開討論会

政治

掲載号:2021年10月15日号

  • LINE
  • hatena
政策を訴えた福田氏と市古氏(左から)
政策を訴えた福田氏と市古氏(左から)

 任期満了に伴う川崎市長選挙(10月17日告示、31日投開票)を前に、川崎青年会議所(JC/新井文人理事長)は10月5日、立候補予定者の公開討論会を川崎商工会議所で開催した。

 現職の福田紀彦氏(49)と新人の市古博一氏(73)が「まちづくり計画」「教育」「防災」「出産・育児」をテーマにそれぞれ政策を訴えた。

各テーマで激論

 まちづくりについて福田氏は都市もまちも年を取るので新陳代謝が必要だとし、「道路を太くし、公園を造るなど、計画的に行ってきた」と実績をアピールした。市古氏はまちづくりの主役は住民だと強調。「その声を聞くことを大切に進める。住民合意のない都市計画は見直す」とした。

 教育について市古氏は行政は教育条件の整備、充実に力をいれるべき。学校と地域を支援し、よりよい環境を保障するのが市長の役割だとした。そのうえで「少人数学級を中学3年生まで進めたい」と構想を述べた。福田氏は「今の教育は履修主義だが習得主義にすべきだ」と主張した。GIGAスクールは学習履歴が残り、習熟度もわかると評価。今後、学習状況調査を実施し学習の改善につなげるとした。

 防災について福田氏はデータに基づいた効果的な対策を打つ必要があるとし、市古氏はコンビナート上空の航空機の飛行禁止を訴えた。

 出産・育児について市古氏は「子育てをするなら川崎でと市民に評価されるまちにしたい」と語り、現状は小さな子を持つ世代の市外への転出が多いことを指摘。園庭のある保育園の建設を進めるべきとした。福田氏は保育園の数が8年前の220から現在は520と倍以上に増えたことを強調。園庭のある保育園については現実性がなく、その前提では保育園整備は進まないとした。

 ほかに「かわさき若者会議」からの質問事項にも答えた。

 討論会の模様は川崎JCウェブサイトで配信中。

中原区版のローカルニュース最新6

男女で県V 春高へ

市立橘高校バレーボール部

男女で県V 春高へ スポーツ

初戦は1月5日、新潟代表と

12月3日号

児童から感謝の声

新城鈴虫愛好会

児童から感謝の声 教育

命の大切さ伝える授業で

12月3日号

海外の絵本32冊寄贈

川崎とどろきRC

海外の絵本32冊寄贈 社会

市国際交流協会へ

12月3日号

ドリブル上達に「思考力」

プログラミング×サッカー

ドリブル上達に「思考力」 スポーツ

川崎Fらが企画

12月3日号

「生きづらさ」テーマ

中原図書館展示

「生きづらさ」テーマ 教育

保護司のお薦め本も紹介

12月3日号

SDGs制度、新たに220者

SDGs制度、新たに220者 社会

第3回市パートナー

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook