中原区版 掲載号:2021年10月22日号 エリアトップへ

中原区基準地価 住宅地が回復傾向に 9地点中8地点で上昇

経済

掲載号:2021年10月22日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県は先月、土地取引価格の指標となる基準地価(7月1日時点)を発表した。中原区の住宅地の平均変動率は1・6%で、前年の0・9%よりも上昇。商業地の平均変動率は1・2%(前年1・3%)だった。昨年はコロナ禍で伸び率が鈍化したが、回復傾向が見られる。

 基準地価は、1平方メートル当たりの価格を都道府県が調査し毎年1回公表している。調査対象は県内927地点。うち、川崎市内116地点、中原区は住宅地と商業地を合わせ17地点。

 中原区の住宅地は、9地点のうち8地点で変動率が上昇し、最も高かった地点は「上小田中6丁目1419番4」(40万円)で2・8%だった。横ばいは「上丸子山王町2丁目1319番4」(41万5000円)。中原区の平均価格は38万9200円で県内トップ。最も高かったのは「小杉御殿町2丁目144番1」の55万5000円(変動率1・5%)で、県内3位だった。

商業地 全て上昇

 中原区の商業地は、全8地点すべてで変動率が上昇。最も高かった地点は「新丸子東2丁目907番14」で2・2%、価格も142万円で区内トップ。区内の平均価格は81万2900円で市内2位、県内5位だった。

 市や区の住宅地の状況について県の担当者は、「人口増加が続き、駅近くで利便性の高い土地、居住環境の良好な地域は需要が堅調」と分析している。

中原区版のローカルニュース最新6

男女で県V 春高へ

市立橘高校バレーボール部

男女で県V 春高へ スポーツ

初戦は1月5日、新潟代表と

12月3日号

児童から感謝の声

新城鈴虫愛好会

児童から感謝の声 教育

命の大切さ伝える授業で

12月3日号

海外の絵本32冊寄贈

川崎とどろきRC

海外の絵本32冊寄贈 社会

市国際交流協会へ

12月3日号

ドリブル上達に「思考力」

プログラミング×サッカー

ドリブル上達に「思考力」 スポーツ

川崎Fらが企画

12月3日号

「生きづらさ」テーマ

中原図書館展示

「生きづらさ」テーマ 教育

保護司のお薦め本も紹介

12月3日号

SDGs制度、新たに220者

SDGs制度、新たに220者 社会

第3回市パートナー

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook