中原区版 掲載号:2021年10月22日号 エリアトップへ

市政レポートVol.20 下沼部小学校の通学路を安全に!地元の声を届ける要望活動 川崎市議会議員 吉沢 直美

掲載号:2021年10月22日号

  • LINE
  • hatena

 今年4月6日の朝、向河原駅前踏切が約30分の間開かず、下沼部小学校の児童約400人が遅刻しました。毎朝約650人の児童がその踏切を通学路として渡りますが、開かずの踏切による遅刻が常態化しつつあります。通学路である踏切問題に関して、私は6月議会で一般質問を行いました。その結果、7月には教育委員会が初めてJR東日本に要望を実施。更に、中原警察署長へも「通学路における安全対策の協力について」要望を行っていただきました。それを受け、夏休み明けの9月には、警察による見守り活動や、本市の担当課による現地確認が行われました。

 この11月に、第3期実施計画素案でJR南武線連続立体交差事業の検討結果が公表されます。それと共に、通学路の安全を確保するための暫定対策について、ハード面だけでなく、交通規制などのソフト面からも知恵を絞りだし最善策を打ち出さなくてはなりません。

♦アンケートの実施

 この8〜9月に向河原駅付近にお住まいの方々を対象に、様々なご意見やご提案を伺うべくアンケートを実施し、たくさんのご回答をいただきました。ご協力をいただき誠にありがとうございました。ご意見等は一つ残らず全て、教育委員会及び建設緑政局へお届けし、要望活動も行って参りました。

♦国やJRへの要望活動

 9月28日、PTAの方々と共に我が会派の中原区県議・市議で、丹羽文部科学副大臣、文部科学省・国土交通省の各担当局を訪問し、「安心・安全な踏切横断のための施設整備について」要望を致しました。子どもたちが安全に安心して踏切を渡ることができない、現在の極めて危険な状況を説明し我々の思いを訴えたところ、真摯に受け止めご理解をいただき、「JRや関係省への働きかけをしていく。」と、とても前向きなご返答をいただくことが出来ました。それを踏まえ、10月18日、JR横浜支社へも要望に伺いました。これまで皆様からいただいたアンケートでの貴重なご意見を全てお渡しさせていただいたところ、「しっかり見させていただきます。」とご返答をいただきました。

 これまで長い間、なかなか思うように進んでこなかった下沼部小学校の通学路の安全対策。立体交差事業の方向性がはっきりすることによって、暫定対策も具体化が可能となってきます。通学路の危険リスクを排除し、安全性の確保をしっかりと行い、子どもたちが一日でも早く安心して通学できるようにするため、地域の皆様と共に引き続き頑張って参ります。

向河原でアンケートを配布
向河原でアンケートを配布
JR横浜支社への要望活動
JR横浜支社への要望活動

吉沢直美

神奈川県川崎市中原区下沼部1764YMハイツ101号

TEL:044-872-8037

http://n-yoshizawa.jp

中原区版の意見広告・議会報告最新6

等々力プール復活決定

市政レポートNo.108

等々力プール復活決定

議会運営委員会委員長大都市税財政制度調査特別委員会委員長 原 典之

12月3日号

新アリーナと区スポーツセンター建設へ

市政レポートNo.138

新アリーナと区スポーツセンター建設へ

みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

11月26日号

水道事業に多額の余剰金

市政報告Vol.12

水道事業に多額の余剰金

川崎市議会議員 重冨たつや

11月19日号

生活保護費の約1700万円を浮かす川崎市の取組と、生活困窮者支援

市政報告vol.77

生活保護費の約1700万円を浮かす川崎市の取組と、生活困窮者支援

川崎市議会議員 末永 直

11月12日号

『令和2年度決算を通して』

市政報告 Vol.16

『令和2年度決算を通して』

川崎市議会議員 松川正二郎

11月5日号

「住み続けたい街へ」〜消費喚起×マイナンバーカード普及率向上〜

市政報告

「住み続けたい街へ」〜消費喚起×マイナンバーカード普及率向上〜

公明党川崎市議団 川島 まさひろ

11月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook