中原区版 掲載号:2021年11月12日号 エリアトップへ

見守り隊島田さん 娘卒後も「児童のため」 朝のあいさつ、会話も

教育

掲載号:2021年11月12日号

  • LINE
  • hatena
島田さん(左)ら見守り隊員
島田さん(左)ら見守り隊員

 「おはよう」「いってらっしゃい」――。中原小正門近くの二ヶ領用水にかかる白田橋付近で、登校する児童らに元気に声をかけているのは見守り隊リーダーの島田武治さん(54)。登校前の7時30分から約1時間、学校がある日はほぼ毎日路上に立つ。「白田橋は五差路で、車や自転車が行き交う危険な場所。事故があってからでは遅い」と目を配る。

 島田さんが見守り活動を始めたのは、娘が小1だった16年前。当時全国で事件や事故が相次ぎ、中原小でも保護者に協力を要請。「力になりたい」と申し込んだ。初めはあいさつしても返答がなかったというが、「気にせず笑顔で続けよう」と決心。その気持ちが伝わってか、徐々に会話も生まれるように。娘が卒業を迎え、この活動も終わり――そう意向を伝えると、学校からは「お父さんは卒業しないで」の一言。娘にも背中を押され、今も見守り続ける。

 「当時ランドセルを背負っていた子が、今では赤ちゃんを抱っこしている」と目を細める島田さん。橋周辺を走るトラックや自動車、自転車も気遣い徐行してくれるなど、地域の連携も実感しているという。島田さんと同じ見守り隊の主要メンバーは10人ほど。今日も児童の登校を、元気に温かく見守っている。

中原区版のローカルニュース最新6

「短冊に願い込め」

医大通り商栄会

「短冊に願い込め」 文化

彩る100個の七夕飾り

7月1日号

街への落書き「NO」

街への落書き「NO」 社会

富士通社員らが社会貢献

7月1日号

新メンバーで復活

川崎北LC

新メンバーで復活 社会

7月から再スタート

7月1日号

小学生が意見交わす

小学生が意見交わす 教育

子ども哲学カフェ「盛況」

7月1日号

リュウゼツランはいかが

リュウゼツランはいかが 文化

希望者に2株進呈

7月1日号

新会長に小柴氏

市食衛協

新会長に小柴氏 経済

新理事に区会長の萩原氏ら

7月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook