中原区版 掲載号:2021年12月3日号 エリアトップへ

新城鈴虫愛好会 児童から感謝の声 命の大切さ伝える授業で

教育

掲載号:2021年12月3日号

  • LINE
  • hatena

 新城鈴虫愛好会が鈴虫の命の大切さを伝えようと、区内の小学校で行ってきた出前授業。今夏、初めて実施した小杉小学校2年生から、講義した同会事務局の山口敦男(としお)さん(79)=人物風土記で紹介=に感謝の寄せ書き=写真=が贈られた。

 授業の数日後、山口さん宛てに児童から50件近くの質問状が寄せられた。「講義して終わりだと思っていた。熱心な姿勢に驚いた」と山口さん。一つ一つの質問に丁寧に回答した山口さんのもとに先月、再び届けられたのが今回の寄せ書き。「鈴虫が好きになりました」「もっと詳しく知りたいです」――。

 10月中旬まで教室内で鈴虫を飼育していたという児童。担任の恒松亜美教諭は「要望のあった児童に配布し、自宅で卵をふ化させようと試みている子もいる。学びの多い授業だった」と感謝を込める。山口さんは「地域にボランティアで鈴虫を飼育している愛好家は多い。そんな命のリレーを多くの子どもたちに知ってもらえたら」と語る。

 同会は発足40年。常楽寺(宮内)で行う「かわさき鈴虫祭り」は夏の風物詩になっており、無料で鈴虫を渡している。

中原区版のローカルニュース最新6

過去5年で最多

川崎市火災件数

過去5年で最多 社会

要因に連続放火など

1月14日号

3月12日、開通

多摩川スカイブリッジ

3月12日、開通 社会

各種イベントも予定

1月14日号

「芝」がつないだ名将との縁

市立川崎高サッカー部

「芝」がつないだ名将との縁 スポーツ

故・小嶺忠敏さん秘話

1月14日号

未来志向の日韓交流へ

未来志向の日韓交流へ 社会

民団が新年の集い

1月14日号

プラ循環「成功させる」

プラ循環「成功させる」 政治

福田市長が新年の辞

1月14日号

地元企業らと連携

川崎競馬場

地元企業らと連携 スポーツ

プレゼントグッズを制作

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook