中原区版 掲載号:2022年1月21日号 エリアトップへ

【Web限定記事】水辺の楽校 自宅でできる多摩川ワークショップ 28日まで受付、体験キットを60人に

教育

掲載号:2022年1月21日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市と川崎市域水辺の楽校推進協議会は、市内の子どもたちに多摩川の魅力を感じてもらおうと「多摩川ワークショップ」を企画。参加申し込みを1月28日(金)まで受け付けている。当選者には、自宅でできるワークショップの体験キットが贈呈される。

 子どもたちが多摩川学習の成果を発表する恒例の「多摩川水辺の楽校シンポジウム川崎」が、今年は新型コロナ感染防止のため会場開催は中止に。代替として、自宅で多摩川の魅力などに触れられるワークショップを開催することになった。

 定員60人で、応募者多数の場合は抽選。生態系などを学べるカードゲーム(10人)、源流ヒノキを使ったコースター作り(15人)、クルミキャンドル作り(25人)、シダーローズのオーナメント作り(10人)の4コースから選択可。天気の秘密を学べる工作キットは当選した60人全員に贈られる。

 参加無料。対象は4歳〜小学生。参加希望者は川崎市ウェブサイト(https://sc.city.kawasaki.jp/multiform/multiform.php?form_id=6659)から申込みを。問い合わせは市建設緑政局【電話】044・200・2268。

中原区版のローカルニュース最新6

「短冊に願い込め」

医大通り商栄会

「短冊に願い込め」 文化

彩る100個の七夕飾り

7月1日号

街への落書き「NO」

街への落書き「NO」 社会

富士通社員らが社会貢献

7月1日号

新メンバーで復活

川崎北LC

新メンバーで復活 社会

7月から再スタート

7月1日号

小学生が意見交わす

小学生が意見交わす 教育

子ども哲学カフェ「盛況」

7月1日号

リュウゼツランはいかが

リュウゼツランはいかが 文化

希望者に2株進呈

7月1日号

新会長に小柴氏

市食衛協

新会長に小柴氏 経済

新理事に区会長の萩原氏ら

7月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook