神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2022年10月7日 エリアトップへ

駅構内の音を視覚化する「エキマトペ」の動画をデザインした 方山 れいこさん 区内在住 30歳

公開:2022年10月7日

  • X
  • LINE
  • hatena

デザインで福祉の力に

 ○…電車が来る音や、ドアが閉まる音などを視覚化した装置「エキマトペ」。耳の聞こえない人に、駅構内で発生する音を動く文字にするなどの動画をデザインした。「音が聞こえない人だけでなく、誰が見ても楽しめるものにできたと思う」。SNSに上げると、ろうあ者やその関係者からの反響の大きさに驚いた。装置が普及することで、聴覚に障がいがある人も健常者と同じような感覚で駅を利用できる社会を思い描く。

 ○…高校生のときに見た音楽番組のセットに魅了され、多摩美術大学では空間や建築を学んだ。大学院では現代アートを研究し、ドキュメンタリー制作にのめり込む。「人と人の出会いや、不思議な縁というものを映像に残したくて」。デザイナーを志したのは大学院の卒業間近。研究テーマの人の出会いがきっかけでデザイン事務所に就職した。

 ○…結婚を機に中原区に暮らし始め「交通の便もいいし、住みやすい街。多摩川沿いの散策が今のお気に入り」と笑顔を見せた。勤めていた事務所を辞め、2021年1月に意を決して自分の会社を立ち上げた。ウエブサイトの制作やアプリなどのデザインが主な事業。スタッフも3人抱え、組織づくりへの責任とやりがいを感じる。

 ○…「エキマトペ」の仕事に関わってから、スタッフにろうあ者のデザイナーを雇い、手話も習い始めた。「デザインで福祉をもっと盛り上げられると思う。社会が意識を変えるきっかけを」。今後、会社として目指しているのが難聴者やろうあ者の雇用促進。デザイナーとして新しい分野に挑戦する一方、経営者の立場から働き手を求める事業者と職を探す人のマッチングの土台を整えるため、その環境づくりに情熱を注ぐ。

中原区版の人物風土記最新6

山田 洋志さん

データ分析で教育情報を透明化するITベンチャー「ガッコム」社長

山田 洋志さん

高津区在住 43歳

5月17日

高橋 宏和さん

川崎郷土・市民劇『百年への贈り物―川崎市誕生ものがたり―』で主役を演じる

高橋 宏和さん

多摩区在住 52歳

5月10日

山本 芙佐子さん

着物リメイクを通して寄付活動を行う

山本 芙佐子さん

上平間在住 80歳

5月3日

鹿島 連(むらじ)さん

中原消防団の第20代団長に4月1日付で就任した

鹿島 連(むらじ)さん

下小田中在住 62歳

4月26日

中山 寛隆さん

川崎市制100周年記念で演奏する合唱団に携わる、川崎市合唱連盟の事務局長

中山 寛隆さん

高津区在住 36歳

4月19日

佐藤 智宏さん

第58代目の中原警察署長に、3月19日付で就任した

佐藤 智宏さん

区内在住 56歳

4月12日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

  • 5月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook