神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2023年10月20日 エリアトップへ

絵を編む独自のアートで、11月に作品展と体験会を開く 中山 美代子さん 宮内在住 49歳

公開:2023年10月20日

  • X
  • LINE
  • hatena

独創性生み、心に届け

 ○…切った2枚の絵を工芸品のように編むことで生まれる1枚の作品。大学生時代、卒業旅行で訪れたヨーロッパの美術館で目にした展示品に魅了されて、「ウェブワーク」と名付けた独自のアートを生み出した。「ウェブにはくもの巣の意味がある。デジタル的な印象を持たれますが、まったく逆のアナログ的なアートなんです。編み終えるまで全容が見えない不思議さが魅力かな」と笑みを浮かべる。

 ○…小6の息子と小4の娘が徐々に親の手から離れ、昨秋から本格的に創作活動を再開。作品をもっと多くの人に知ってほしいと、小さな子でも簡単に作れる体験キットも用意した。作品づくりに絵のうまさは関係ない。各自の個性を認め「失敗しても失敗じゃないと教えたい」。

 ○…静岡県浜松市生まれ。絵が趣味だった父の影響で自然と絵を描き始めた。美大への進学には初めは反対されたが、最後は「自分にも責任があるかも」と父が折れた。今では故郷で開く個展に必ず足を運んでくれる良き理解者に。平日は都内に通勤し、コンピュータを使ってニットを編む機器の製造企業の仕事に携わる。パソコンを使い、服飾メーカーのデザイナーたちに使い方を教える立場だ。「作家活動と違い、仕事ではデジタルの世界にどっぷり漬かっている感じですね」

 ○…今年に入り、学童保育の場や子ども文化センターで児童らにウェブワークを使った学びを提供している。1月には学習支援で宮内小学校の寺子屋事業にも参加。「絵を描いてから編み込むという工作的な要素もあるから、子どもたちも最後まで夢中になって楽しんでいますね」。絵を重ねて完成させるという特徴を生かし、アートで人と人をつなげる活動もしていきたいと思いを描く。

中原区版の人物風土記最新6

森田 和子さん

「わがまち花と緑のコンクール」の個人部門で大賞を受賞した

森田 和子さん

下小田中在住 81歳

7月12日

甲斐 摂子さん

新名商店街振興組合の理事長に就任した

甲斐 摂子さん

下新城在住 58歳

7月5日

柳田 光綺(みずき)さん

女子バレーボール「NECレッドロケッツ川崎」で勇退後、コーチに就任した

柳田 光綺(みずき)さん

中原区内在住 28歳

6月28日

ペレーラ・ラヒルサンケータさん

「川崎市外国人市民代表者会議」の委員長を2期連続で務めた

ペレーラ・ラヒルサンケータさん

高津区在住 39歳

6月21日

小山 正見(おやま まさみ)さん

趣味の「俳句フォト」の魅力を伝えるイベントを、あす6月15日に開催する

小山 正見(おやま まさみ)さん

木月在住 76歳

6月14日

森 勝利さん

川崎野球協会の会長を務める

森 勝利さん

幸区在住 80歳

6月7日

永代供養・合祀墓は4万円から

納骨にお困りの方「眞宗寺」の永代供養墓は後々の費用なし、生前申込・改葬代行

044-965-0965

なかはらコアまつりに関するお知らせ

なかはらアート作品を彩るメッセージを募集/なかはらコアまつり「100人でいろいろねいろ」出演者募集!

https://www.city.kawasaki.jp/nakahara/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook