大和版 掲載号:2011年6月24日号
  • googleplus
  • LINE

神奈川大和阿波おどり振興協会の会長として奔走する 岸 幸博さん 大和東在住 61歳

ニコニコしようぜ!

 ○…東日本大震災の影響から市内各地でイベントが中止になるなか、4月の段階で「震災への復興支援大会」として神奈川大和阿波おどりの開催を決定した。チャリティーTシャツを販売し、その売り上げの全額を寄付。また、節電に考慮して開催時間を夕方からに変更した。さらに桟敷席も復活。世相に即した魅力あるイベントへと変化させた。「皆が笑顔になれるのはもちろん、大和駅周辺の活性化にもつながってくれれば」と笑顔を見せる。

 ○…小田原生まれの大和育ち。新橋通りで商売をしていたため、25歳の時に第1回の阿波おどりに新橋連の踊り手として参加した。その後、「上手い踊り手の多い新橋連ではスターになれない」と考え、自称「落ちこぼれ」を集めて田吾作連を設立。現在も同連に所属中だ。42歳で新橋通り商店会の会長に就任してからは、運営側としてイベントを支える立場に。ただ、「踊りが上手かったら連長として活躍できたはず。下手だから運営にまわったんだよ」と苦笑まじりに独白する。

 ○…協会会長のほか、会社の代表取締役、自治会会長など多忙な日々を送る。その合間をぬって行く旅行が趣味。一昨年は奥様とトルコへ、昨年は所属する中ロータリークラブでカナダへ飛んだ。これまでに海外へは30回以上、国内では「足を踏み入れていない場所はない」と豪語する。また、気が付くと車でどこかへ向かってしまうとか。「旨い寿司が食べたくなったら焼津まで行ったり、温泉に入りたくなったら山梨まで出かけたりしてる」と笑う。

 ○…阿波おどりの主役はあくまでも踊り子。「いくら良い組織があっても、やはり裏方。楽しそうに踊る姿が見られれば観客の皆さんも楽しいだろうし、我々も嬉しい」と微笑む。阿波おどりは参加しなければ損。多くの人に踊って欲しいと呼びかける。「みんなが楽しくなければ意味が無い。ニコニコできるイベントにしようぜ」。

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

大和版の人物風土記最新6件

牛山 保さん

神奈川県央小売酒販組合 大和支部の支部長に就任した

牛山 保さん

3月16日号

阿座上 広希さん

大和リハビリテーション連絡会の会長を務める

阿座上 広希さん

3月9日号

宗柳 美友紀さん(本名:野口 美友紀)

日本舞踊「宗柳流みゆき会」の20周年記念大会を2月25日にシリウスで行う

宗柳 美友紀さん(本名:野口 美友紀)

2月23日号

加藤 太一さん

認知症になっても安心して暮らせる街づくりをPRする「RUN伴+やまと」の実行委員長を務める

加藤 太一さん

2月16日号

大内 一範さん

発足式を終え、活動をスタートさせた大和市消防ドローン隊の初代隊長を務める

大内 一範さん

2月9日号

佐藤 和彦さん

新日本フィルハーモニー交響楽団の首席チューバ奏者を務める

佐藤 和彦さん

2月2日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

郷土民家園でツィター

郷土民家園でツィター

3月21日 河野直人さん出演

3月21日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク