大和版 掲載号:2012年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

「第36回神奈川大和阿波おどり」の実行委員長に就任した 栗城健(たけし)さん 大和東在住 43歳

視線はすでに真夏へ

 ○…大和市最大級の観光イベント「神奈川大和阿波おどり」。商店街発祥の長い歴史を誇るこのイベントの第36回大会実行委員長に就任した。周囲を固める役員は先輩諸氏。「伝統に基づきながら、いかに新しい明確なビジョンが描けるか。それが私に課せられた使命。皆さんに支えてもらいながら、活気あふれる街づくりにつなげていきたい」と意気込む。

 ○…生まれは東京都だが、幼少時代からすでに大和市に暮らしている。30年以上暮らすだけに「故郷と呼べるのは大和」だという。大手ハウスメーカー勤務を経て大和東の不動産・建築業会社『ジェー・アール・シー』に入社。大和青年会議所での活動で本格的な地域貢献に目覚めた。2004年には父から社長職を引き継ぎ、現在は大和中央通り東商店会会長、やまと商業活性化センター理事などにも活躍の場を広げる。それでも「地域ではまだまだ若手。生意気なことや青臭いことを言っては先輩方に小突かれています」と謙そんする。

 ○…8歳年下の妻とは2011年の元日に入籍した。挙式は予定していなかったが周囲の声に背中を押され11月に挙げた。会社経営と地域貢献に多忙な日々。その合間に行く韓国への旅行が楽しみの一つ。これまでに30回以上は足を運んでいるという。その魅力は活気ある街並み。そして美味しい料理とお酒。「いつ訪問しても新鮮な驚きがある。今では新宿よりも韓国の明洞市のほうが詳しいかも」

 ○…今年の阿波おどりは7月28日・29日に開催予定。昨年は東日本大震災の影響で節電などに配慮した運営となったが、今年も被災地のために何ができるか模索している。「踊り手や観客のかたはもちろん、裏方を務めるスタッフ全員が『やって良かった』と言い合えるイベントにしたい。大和の底力を見せつけたいですね」。その視線はすでに大和の暑い夏、最大の祭典に注がれている。
 

大和版の人物風土記最新6件

加藤 太一さん

認知症になっても安心して暮らせる街づくりをPRする「RUN伴+やまと」の実行委員長を務める

加藤 太一さん

2月16日号

大内 一範さん

発足式を終え、活動をスタートさせた大和市消防ドローン隊の初代隊長を務める

大内 一範さん

2月9日号

佐藤 和彦さん

新日本フィルハーモニー交響楽団の首席チューバ奏者を務める

佐藤 和彦さん

2月2日号

齋藤 正果(まさかつ)さん

シリウスでは初開催の生涯学習センターまつりで実行委員長を務める

齋藤 正果(まさかつ)さん

1月26日号

本山 勇次さん

第60回大和市駅伝大会で特別表彰を受けた

本山 勇次さん

1月19日号

横澤 高太郎さん

今年40周年を迎える大和青年会議所の理事長に就任した

横澤 高太郎さん

1月12日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

イコーザでジャズ

イコーザでジャズ

3月18日 申込制で入場無料

3月18日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク