大和版 掲載号:2013年8月23日号
  • googleplus
  • LINE

サークル講師としてそろばんの普及に努めている 吉澤 博子さん 大和東在住 65歳

喜びを実感させたい

 ○…大和市内の子ども達に、そろばんの魅力を知ってもらおうと、生涯学習センターで3日間に渡り無料体験講座を開催する。対象は幼稚園の年中以上。数字の読み書きが出来れば参加できるそうだ。「そろばんの楽しさはふれてみないと分かりません。計算が出来るようになる喜びと、思考力や集中力が高まる体験を、多くの子どもにしてほしいですね」と満面の笑みを浮かべる。

 ○…山梨県の勝山市出身。そろばんは姉の影響で始めた。最初は興味がなかったものの、努力の結果が「昇級」という形で表れるのが楽しくなり、夢中になった。小・中・高校の12年間は、珠算部に所属し、気が付けば個人でも団体でも、県大会優勝の常連に。「優勝すると学校の先生や生徒が集合して祝勝会を開いてくれて。両親や周囲の人も喜んでくれるのが、何よりも幸せでした」。人に指導できる資格となる一級を取得したのは小学6年生の時。「地方紙に写真入りで『天才児登場』と紹介されたんですよ」と照れ笑い。

 ○…20代で最初の教室を開き、現在も週に4日間、サークルでそろばんを教えている。その傍ら、市内4カ所で活け花の講師も務め、15年以上続けている社交ダンスは市の競技会で優勝するほど。また、娘さんと出かけるカラオケも大切な趣味。年に一度は必ず大会に参加するそうだ。完全な休みは日曜日のみだが、ここ数年は風邪もひいていないそう。「全てが楽しくて、病気している暇なんてありません。娘にはもっと休めと言われるんですけど」

 ○…子ども達に指導する上で気をつけているのは、出来ないことを叱るのではなく、出来たことをほめること。また、礼儀作法についても細かく口を出すという。「日々の練習の積み重ねが、結果となり自信になる。教え子に『そろばんをやっていて良かった』と言ってもらえるのが、今一番の喜びですね」。そうつぶやいて目を細めた。
 

大和版の人物風土記最新6件

杉間 泰則さん

新しく大和市国際化協会の理事長に就任した

杉間 泰則さん

7月27日号

沢田 耕太郎さん

公所自治会会長を務める

沢田 耕太郎さん

7月20日号

熊田 康則さん

16日開催のヤマトワールドスポーツフェスタで、炬火リレーのアンカーを務める

熊田 康則さん

7月13日号

諸星 俊二さん

県消防救助技術指導大会の「はしご登はん」で優勝し全国大会に出場する

諸星 俊二さん

7月6日号

上田 博久さん

「境川クラブ」の会長(代表マネージャー)を務める

上田 博久さん

6月29日号

古谷 小枝子さん

25周年を迎えた「大和・生と死を考える会」の会長を務める

古谷 小枝子さん

6月22日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和菓子作り教室

老舗店が監修する

和菓子作り教室

8月19日ふれあいサロン千本桜

8月19日~8月19日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク