大和版 掲載号:2014年1月10日号
  • googleplus
  • LINE

シニア海外ボランティアとしてソロモン諸島に赴任する 三上 雅寛さん 福田在住 62歳

共に喜びあうために

 ○…昨年3月に定年退職したことを機に、独立行政法人国際協力機構(JICA)の「シニア海外ボランティア」に応募。仕事で空調機器や冷凍機を扱ってきた経験を活かし、ソロモン諸島の国立薬剤管理センターへの赴任が決まった。2年間の任期で、ワクチンを保存する冷蔵機器の修理や維持管理などを担う。同センターへ日本人ボランティアが派遣されるのは初めてのこと。「現地の人の声に耳を傾け、後任者にとっての礎になれる仕事をしてきたい」と意気込む。

 ○…大学までを広島で過ごし、就職を機に上京した。趣味も持たず、まさに「仕事一筋」で歩んできたが、会社の後輩が青年海外協力隊として中米などに赴く姿を見てボランティアに興味を持った。「自分の持つ技術を役立たせ、誰かの喜ぶ顔を見られること」。それがいつしか夢に変わった。奥様と2人の息子もその夢を応援。今回の赴任には奥様も同行するという。「勇気ある決断をしてくれて本当にありがたい。何よりも日本語で会話が出来るのが嬉しいですね」

 ○…赴任が決まった後に約2カ月の研修を受け、語学やJICAの活動、赴任先の情報などを「頭に叩き込んだ」。「定年を過ぎて、こんなに勉強することになるとは」と苦笑い。特に英語は昔から苦手。今もなお、習得に向け奮闘中だ。現地の人と同じ暮らしをすることが基本方針のため、住む場所も自分たちで探す。ただ、生活への不安はない。「身振り手振りを交えれば何とかなるもの。今は早くふれあいたい」と笑う。

 ○…3年程前からは健康を意識してジョギングをスタート。食事を抑えながら毎日走り、10kgの減量にも成功した。唯一の不安は、自分が役に立てるのかという一点のみだ。「2年間が長いのか短いのかは分かりません。ただ、教えに行くのではなく、一緒に考え、共に世界を広げていきたい」。大きな夢を抱き、1月14日に日本を出発する。
 

大和版の人物風土記最新6件

杉間 泰則さん

新しく大和市国際化協会の理事長に就任した

杉間 泰則さん

7月27日号

沢田 耕太郎さん

公所自治会会長を務める

沢田 耕太郎さん

7月20日号

熊田 康則さん

16日開催のヤマトワールドスポーツフェスタで、炬火リレーのアンカーを務める

熊田 康則さん

7月13日号

諸星 俊二さん

県消防救助技術指導大会の「はしご登はん」で優勝し全国大会に出場する

諸星 俊二さん

7月6日号

上田 博久さん

「境川クラブ」の会長(代表マネージャー)を務める

上田 博久さん

6月29日号

古谷 小枝子さん

25周年を迎えた「大和・生と死を考える会」の会長を務める

古谷 小枝子さん

6月22日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和菓子作り教室

老舗店が監修する

和菓子作り教室

8月19日ふれあいサロン千本桜

8月19日~8月19日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク