大和版 掲載号:2014年2月14日号 エリアトップへ

大和弓道協会で最年長弓道家として活動する 渋谷 信明さん 鶴間在住 88歳

掲載号:2014年2月14日号

  • LINE
  • hatena

「100歳まで現役で」

 ○…仕事を引退した68歳の時、ふと目にした弓道教室の案内に興味を覚えた。もともと体を動かすのは好きだったものの、体力の衰えも感じていた頃。「これなら、自分にもできるのではないか」、そう思い立ち気軽な気持ちで入会した。それまで一切、経験はなかったものの、的に当たった時の感覚が病みつきに。以来20年間、大和スポーツセンターの弓道場に通い続けている。気付けば大和弓道協会では最年長。「どの大会でも、自分より年長者に会うことはほとんどない」と笑う。

 ○…長野県の出身。青春時代を戦争の最中に過ごす。18歳で志願して海軍航空隊に入隊。パイロットになる厳しい訓練に耐えながら「自分の順番を待っていた」という。だが、飛行機が無く、一度も戦地に赴くことのないまま終戦を迎えた。その後は上京して、菓子問屋に就職。独立後は相模大野に甘味処を立ち上げた。近隣には多くの学校があったため、女子高校生や女子大生の憩いの場として人気を博した。「だからね、店をたたむ時には、多くの女性に泣かれてしまって」と照れ笑い。

 ○…無類のお酒好き。10年前に胆石症と大腸瘤で手術をした時も、手術後に最初に医師に聞いたのは「弓がひけるようになるか」、次が「いつからお酒を飲んでもいいか」だったという。今でも奥様とふたりでビールのグラスを傾け合う時が、至福の瞬間。「適度な量を毎日楽しむ。これが健康の秘けつかも」

 ○…60歳以上の男女が参加できる全国大会「ねんりんピック」に平成18年と平成21年に神奈川県代表として出場した。「もう一度、あの舞台に立つこと」が当面の目標だ。その予選会は5月。8射して的に当たった率で勝負を競う。「一発勝負だからこそ、勝ち目はある。体調を万全にして臨みたい」と意欲は十分。「あとは100歳まで弓を続けて、最年長の県代表も目指したいね」。満面の笑みが浮かんだ。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版の人物風土記最新6

安保 弘豊さん

中央林間で10月9日、10日に開く「運ちょこ祭り」の発起人を務める

安保 弘豊さん

中央林間在住 49歳

10月1日号

中村 健一さん

「私とティアンとイーサン食堂」を文芸社から出版した

中村 健一さん

南林間在住 57歳

9月24日号

川満 美和子さん

大和市倫理法人会の新会長に就任した

川満 美和子さん

南林間在住 51歳

9月10日号

青木 浩一(ひろかず)さん

神奈川県社会保険労務士会厚木支部の支部長に就任した

青木 浩一(ひろかず)さん

海老名市在勤 56歳

9月3日号

安部 正彦さん

神奈川県行政書士会大和・綾瀬支部の支部長に就任した

安部 正彦さん

西鶴間在住 47歳

8月27日号

久野 新一さん

(公社)全日本不動産協会神奈川県本部さがみ支部支部長に就任した

久野 新一さん

相模原市在住 58歳

8月20日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook