大和版 掲載号:2014年6月6日号 エリアトップへ

大和歯科医師会の会長を務める 青木 則博さん 南林間在住 57歳

掲載号:2014年6月6日号

  • LINE
  • hatena

”ありがとう”が進む活力

 ○…「6月4日から10日は歯と口の健康週間。元気に生活してほしい。そのお手伝いが私たちの役割」。大和市と綾瀬市の歯科医師約110人によって構成される大和歯科医師会のまとめ役を昨年6月から担う。会長に就任以来、会員と力を合わせ幼児の無料歯科健診などの取り組みにも尽力。今年3月には大和市医師会にも呼びかけ、初の合同講演会も実現した。

 ○…生まれも育ちも南林間。子どもの頃から悩みの種は虫歯。中学生にもなると歯医者さんの”常連”に。ある日、担当の先生から『君は歯科医に向いているね』と何気なく言われた。「何を指してかはわからなかったけど、単純な性格だったからその気になるのは早かった」。そこからは歯科医の道へ。鶴見大学歯学部に進学し、29歳の時に南林間に『青木歯科医院』を開院した。以来29年にわたり地域密着の歯科医として活躍している。「『ありがとうね、先生』って笑顔で言われると明日の活力になる」

 ○…中学、高校では野球部だったが、大学では一転、「馬術同好会」に入部した。

「馬に乗るだけでしょ。それならすぐできるはず」と、たかを括っていたが、馬にいいようにあしらわれてショック。「一筋縄じゃいかない。それが面白かった」。10人ほどの部員だったが、指導者の号令に従い複数の人馬が同時に運動する「部班」や「障害物」にも挑戦し、在学中の6年間みっちりのめり込んだ。そのおかげか現在もスラッとした体形。「機会があればまた乗りたいな」と笑顔。

 ○…妻と二人の息子と4人暮らし。「白衣を脱げば、ただのぐうたら亭主ですよ」とテレビを見ながらの寛ぎ時間が楽しみ。「自分の夢を追えばいい」と、息子たちが歩く道を温かく見守る。「大和歯科医師会は今年60周年を迎える節目の年。毎月8日も大和市の歯の日として制定され、もっと身近に歯科医と触れ合う機会を作っていきたい」と意気込んだ。
 

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版の人物風土記最新6

佐藤 宏拓穣(ひろし)さん

全国教職員剣道大会で県代表として副将を務める

佐藤 宏拓穣(ひろし)さん

柏木学園高等学校教諭 47歳

5月20日号

岩崎 紀江(としえ)さん

大和市消防本部で初の女性課長となった

岩崎 紀江(としえ)さん

深見西在勤 50歳

5月13日号

亦部(またべ) 隆子さん

市民サークル「工作・折り紙おりひめ」の代表として伝統文化の普及に努める

亦部(またべ) 隆子さん

林間在住 70歳

5月6日号

戸ヶ崎 正次さん

市民劇団「演劇やまと塾」の代表として演劇の普及に努める

戸ヶ崎 正次さん

下鶴間在住 68歳

4月29日号

秋葉 勝好さん

深見歴史の森トコロジストの代表として活動する

秋葉 勝好さん

西鶴間在住 77歳

4月22日号

鈴木 真吾さん

大和市イベント観光協会の事務局長に就任した

鈴木 真吾さん

上和田在住 60歳

4月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook