大和版 掲載号:2015年4月24日号 エリアトップへ

今年度の横浜スカーフ親善大使の1人に選ばれた 筑地 美南さん 代官在住 19歳

掲載号:2015年4月24日号

  • LINE
  • hatena

感じた思い、笑顔で伝える

 ○…横浜スカーフの魅力を発信する「親善大使」。今年度就任5人の1人に選ばれた。「合格通知が届いたときは、とにかくびっくりしました」。面接では思うようにしゃべれなかったが、明るい性格とスカーフへの思いが、大使への道を開いた。「私もスカーフのことは詳しくありません。同世代の子たちと一緒に勉強していくなかで、私も周りの子たちも、その魅力をより知っていけたら」。明るい笑顔で意気込みを語る。

 ○…スカーフとの出会いは昨年度。自身が通う服飾専門学校で、先輩がスカーフをテーマに行ったファッションショーだった。モデルを務める中で、人生で初めてスカーフに触れた。「手触りや、歩いているときのスカーフの動きが素敵で、ひと目惚れでした」。そんな時、学校の先輩にスカーフ大使経験者がいることを知る。「先輩の話を聞いてみて、ぜひ私もやってみたいと思ったんです」。身を乗り出しながら、その時の思いを熱く語る。

 ○…小さい頃は折り紙やあやとりで遊ぶ、大人しい子だった。地元の下福田中では、体力をつけようとソフトテニス部に入部。1年生で市大会3位となり、3年生では部2番目の腕前で、副部長も務めた。ドラマへの憧れから、演劇部のある県立旭高校へ進学。「こうと決めたら、行動力あるほうなんです」といたずらっぽく笑う。「元々人の服を選ぶのが好きで、その人が着こなしを喜んでいると、自分も嬉しくて」。その思いから、今の学校へ。2年生となった今年度、選んだのはブライダルコース。ドレスコーディネーターをめざしつつ、就職活動に励む。

 ○…祖父、両親、妹の5人暮らし。学業にアルバイトと忙しい日々だが、読書や水泳でリフレッシュを図る。好きな言葉は、中学時代の先生が話していたという「私の人生、私が主役」。自身が感じたスカーフへの熱い思いを、大使という主役の1人として、多くの人に伝える1年が始まる。

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版の人物風土記最新6

福島 剛さん

初の著書『洒落に魅かれて』を出版した

福島 剛さん

福田在住 79歳

7月5日号

鈴木 久夫さん

日本陸上選手権にマスターズ種目の男子100mに出場する

鈴木 久夫さん

南林間在住 62歳

6月28日号

中島 稔碩(としひろ)さん

大和市民農園運営委員会の会長を務める

中島 稔碩(としひろ)さん

南林間在住 83歳

6月21日号

鮎川 創(はじめ)さん

第12回創作カクテルコンペティションで優勝した

鮎川 創(はじめ)さん

上草柳在住 30歳

6月14日号

田中 桃子さん

大和シルフィードのGKで、5月に19歳以下の「なでしこジャパン」に選ばれた

田中 桃子さん

厚木市在住 19歳

6月7日号

露木 みち子さん

「公所の酒まんじゅう」の伝統的製法を受け継いだ

露木 みち子さん

つきみ野在住

5月31日号

平田 純治(すみはる)さん

大和市議会の新しい議長に選出された

平田 純治(すみはる)さん

市内渋谷在住 72歳

5月24日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

  • 3月22日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク