大和版 掲載号:2016年4月29日号 エリアトップへ

大島紬に魅せられ、染織家としてファッションで“奄美”を発信している 橋本 真智子さん 西鶴間在住 

掲載号:2016年4月29日号

  • LINE
  • hatena

好きなことに夢中

 ○…奄美大島紬の「泥染」「琉球藍染め」に魅了され、8年前から染織家として歩んでいる。「南の美しい小さな島で受け継がれている日本の宝布を無くしてはいけない」。この想いから、ファッション界で培ってきた経験を活かし、大島紬の染色方法で手がけた洋服や小物の個展を東京やパリなどで開く。「奄美の人情や自然、食…。1300年継承されてきた紬が育まれた土地にも惚れ込んでいます」。

 〇…富山県魚津市生まれ。「学生時代は帰宅部でした」と笑顔に。洋裁をする母親を見て育ち、洋服への関心がいつしか芽生えてきたという。1974年に世界的に活躍していた高田賢三に憧れてパリへ。服飾の専門学校、エス・モード在学中に高田氏のKENZO社に入社する。スタッフとしてパリで暮らし、1980年に帰国を。KENZO、MICHIKOなどを扱う会社でのプレス担当や文化出版局のスタイリストを経て、オリジナルブランドを立ち上げた。

 〇…「若い時は伝統的なものに関心がなかった。成人式の着物にも無頓着だったほど」と振り返る。日本に帰り、「着てみたい」と思う着物に出会ってからそれが一転。着物の産地を巡るなかで奄美に降り立った。「藍の色が言いようのないほど素敵だった」。大島紬は製造工程が30ほどあるという。高齢化や後継者不足などで課題も多い。「民芸ではなく、ファッションでその魅力を伝えられれば多くの人に興味を持ってもらえるのでは」と目が輝く。隔月で奄美へ通い、絹や麻、デニム等の糸や生地を染める。

 〇…家族で25年ほど前に都内から大和に引っ越す。息子も独立し、「大好きなこと」に邁進している。和裁を習い始めて応募した、2012年ユザワヤ創作大賞では全国約4千点からグランプリの栄冠にも輝いた。料理好きで、月一度は島料理などでもてなすホームパーティも。今は、6月に渋谷で開く個展に向けて作品づくりに余念がない。

大和版の人物風土記最新6

高木 秀明さん

相鉄線大和駅・瀬谷駅・三ツ境駅の駅長を務める

高木 秀明さん

横浜市泉区在住 49歳

11月26日号

冨山 健さん

新しく大和税務署の署長に就任した

冨山 健さん

横浜市在住 60歳

11月19日号

太栄志(ふとりひでし)さん

第49回衆議院議員選挙で神奈川13区から初当選を果たした

太栄志(ふとりひでし)さん

中央林間在住 44歳

11月12日号

山縣 貴絵さん

大和市を拠点に活動する唯一のナーシングドゥーラの

山縣 貴絵さん

桜森勤務 34歳

10月29日号

荻原 英人さん

第55代大和警察署長に着任した

荻原 英人さん

大和東在住 55歳

10月22日号

安保 弘豊さん

中央林間で10月9日、10日に開く「運ちょこ祭り」の発起人を務める

安保 弘豊さん

中央林間在住 49歳

10月1日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook