大和版 掲載号:2016年11月25日号 エリアトップへ

2016年秋の叙勲で旭日双光章を受章した 國兼 晴子さん 上和田在住 70歳

掲載号:2016年11月25日号

  • LINE
  • hatena

地域の支え、感謝の勲章(あかし)

 ○…「本当に畏れ多い。身に余る光栄です」と謙遜しながら、穏やかに喜びを話す。11月3日付で発令された2016年秋の叙勲で、地方自治功労者として旭日双光章を受章した。受章を知ったときは驚き、自分には値しないのではないだろうかとも考えた。しかし、「いままでお世話になった方々、そして地域に対する感謝の証にもなると思い、お受けいたしました」

 ○…1999年に大和市議会議員に初当選し、4期16年間務めた。2010年には、大和市議会史上初の女性議長に。根岸英一さんのノーベル賞受賞時に、議長の立場で話をしたことが印象に残っていると振り返る。また、地元地域が関わる2020年全面開通予定「丸子中山茅ヶ崎線」整備事業への思い入れも強い。「県に積極的に働きかけて、地域の代表として人々の思いを届けられました」

 ○…山形県出身。両親とも教師の家庭で次女として生まれた。幼い頃は、活動的な姉とは対象的に表に出る性格ではなかった。東京の大学で生活科学を学び、都立高校の家庭科教師に。結婚、出産を経て、夫の両親が住む大和に転居した。PTAや母の会などの活動を通し、地域に欠かせない存在に。その後、自治会の後押しで市政に挑戦した。「PTAなどの地域活動が私の原点。なので、議員になったときも、あくまで地域の代表としての責任を持って務めました」

 ○…議員を引退し自由な時間が増えた今、やりたいことが尽きない。旅行・食べ歩き・美術館めぐりが趣味で、夢は世界一周。ただ、地域を考えることは揺るがない永遠のライフワーク。「勲章を汚さぬよう、私を育ててくれた人・地域に感謝の気持ちを持って、今後もお手伝いしたい」。夫への感謝を述べると恥ずかしいと頬を赤らめる一面も。好きな言葉は「ありのまま」。飾らずに生きるという信念は、人々の心を「晴」らす太陽のような明るい笑顔に滲み出ていた。

大和版の人物風土記最新6

若園 茂雄さん

桜ヶ丘親和会自治会の会長で「道守サポーターズ」登録に尽力した

若園 茂雄さん

上和田在住 75歳

12月3日号

高木 秀明さん

相鉄線大和駅・瀬谷駅・三ツ境駅の駅長を務める

高木 秀明さん

横浜市泉区在住 49歳

11月26日号

冨山 健さん

新しく大和税務署の署長に就任した

冨山 健さん

横浜市在住 60歳

11月19日号

太栄志(ふとりひでし)さん

第49回衆議院議員選挙で神奈川13区から初当選を果たした

太栄志(ふとりひでし)さん

中央林間在住 44歳

11月12日号

山縣 貴絵さん

大和市を拠点に活動する唯一のナーシングドゥーラの

山縣 貴絵さん

桜森勤務 34歳

10月29日号

荻原 英人さん

第55代大和警察署長に着任した

荻原 英人さん

大和東在住 55歳

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook