大和版 掲載号:2017年2月3日号 エリアトップへ

「おかえりなさい運動の会」会長として児童の見守り活動を続けている 峯 一男(いちお)さん 上草柳在住 73歳

掲載号:2017年2月3日号

  • LINE
  • hatena

やるからには全力で

 ○…上草柳で登下校の小学生の見守り活動をする「おかえりなさい運動の会」。2005年の創設時から会長を務めている。子どもの安全を守るために欠かせない学校と地域の連携。通常、自治会域と学区が一致しないことが障壁となるが、同会は学区にある9つの自治会が協力し、確固な体制を築きあげている。「雨でも雪でも、毎日緑のジャンパーを着て『おかえりなさい』をしていますよ」

 ○…「会長を引き受けたからには、中途半端な活動にはしない」と心に決めていた。児童の見守り活動は、あくまでボランティア。そのボランティア精神を、自治会の枠を超えた約50人のメンバーに、どう持ち続けてもらうか。「私は特に何もしていないつもりだけれど、皆ついてきてくれる」と話すが、随所に気配りが光る。見守り活動が終わると、メンバーが立っている全ての場所を歩いて回り、「今日もありがとうございました」と必ず声をかけている。

 ○…茨城県古河の農家に長男として生まれる。父の家に嫁いだ母の苦労を間近に感じ、もらい物の菓子をこっそり母に渡す優しい子だった。高校卒業後、横浜の鶴見で建設機械点検の仕事に就く。「若いうちから計画を立てて貯金していた」。20代半ばで海老名に土地を買い、綾瀬の梱包業に転職。職場で出会った女性と結婚し、3人の子に恵まれた。その後、40歳を迎える前に大和に。リーダーとしての能力は地域でも評判で、定年退職後は「待ってましたとばかりにお願いがきて」自治会長になり、「おかえりなさい運動の会」の創設へと続く。

 ○…家の玄関先には趣のある骨董品がずらり。骨董品を見ると幼少期の記憶が鮮明に蘇えってくるのだとか。4人の孫のうち2人は米国にいる。「会いに行きたいけれど、見守り活動があるからなあ」と、実現には至っていない。12年経っても、中途半端にしないという揺らがぬ責任感が、地域の大きな支えになっている。

24時間安心のお葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

大和版の人物風土記最新6

小笠原 陽子さん

明日17日(土)公演のやまと子どもミュージカルで、長年、父母会の中心メンバーとして活動する

小笠原 陽子さん

横浜市在住 50歳

4月16日号

佐藤 愛美(あみ)さん

元劇団四季団員で、4月からバレエスタジオを主宰する

佐藤 愛美(あみ)さん

中央林間勤務 36歳

4月9日号

井上 直己さん

地球環境の問題を地域で幅広い世代に伝える

井上 直己さん

つきみ野在住 43歳

4月2日号

濱本 まりんさん

今シーズンから大和シルフィードのキャプテンを務める

濱本 まりんさん

福田の里勤務 26歳

3月26日号

小宮山 光賢さん

記者で、映画『戦車闘争』の制作に協力した

小宮山 光賢さん

市内中央在住 77歳

3月5日号

大木 英広さん

交通栄誉章「緑十字銀賞」の優良運転者として表彰を受けた

大木 英広さん

市内在住 57歳

2月19日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter