大和版 掲載号:2020年1月24日号 エリアトップへ

引地川の清掃活動を続ける「引地川水とみどりの会」の事務局長を務める ゴミといつまでも 五味 尚生(ひさお)さん 草柳在住 55歳

掲載号:2020年1月24日号

  • LINE
  • hatena

 ○…町内会の役員で知り合った仲間とはじめた引地川清掃。新しい団体を立ち上げ、町内会の活動から独立させ、以来15年。清掃活動は176回を数える。「様々な世代が同じベクトルで動き、川が綺麗になった時の達成感」が継続のモチベーションだ。8年ぶりとなる市民活動センターでの講演では、水源の泉の森から河口の鵠沼海岸まで、引地川の性格を追い、取り巻く環境についても言及する予定だ。

 ○…川は年々綺麗になっている。幼少時、日本はまさに高度経済成長時代。自宅近くを流れる境川は泡が立ち、川というより「ドブに近かった」。「川に落ちた友人は凄い臭いがついた」と当時を思い出し、顔をしかめる。毎回、清掃活動では大きなゴミ袋が6〜7袋一杯になるが、始めた頃は「川に入り自分の周りをさらうだけで一杯になった」という。最近多いのは風雨で飛ばされてきた菓子の包みやビニール袋などのプラスチックゴミ。講演では「近年関心が高まっているマイクロプラスチックも身近な川の環境が影響している」ことも伝えている。

 ○…サラリーマン生活を経て、25年前、独学で習得したプログラミングスキルを活かし、独立。企業の事務代行業をしている。多忙な日々に「得意分野を仕事をしない方が良かったかも」と苦笑い。近年は講演や学校の出前授業なども多く、休みの日には河川に関する知識をアップデートする。「ただゴミを拾うだけにはいかなくなった」と本音を漏らした。

 ○…最近は子どもの頃から清掃活動に参加している20代の若いメンバーが事務局の一員として手伝ってくれる。「次の世代につなげたい」の思いは年々強くなる。一方で清掃活動は「身体が動けば80代になっても続けたい」と笑った。
 

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版の人物風土記最新6

斉藤 久実さん

長年、松任谷由実SURF&SNOWinNaeba期間中、ラウンジで演奏する

斉藤 久実さん

下鶴間在住

3月27日号

宮尾 孝一さん

昨シーズンに続きサッカーJ3・YSCCのキャプテンを務める

宮尾 孝一さん

市内在住 26歳

3月13日号

仲見世亭 せん弥さん(本名:澤田騎誉寛さん)

アマチュア落語家として市内各地で無料落語会を開催する

仲見世亭 せん弥さん(本名:澤田騎誉寛さん)

市内西鶴間在住 55歳

3月6日号

杉山 豊彦さん

3月1日に50周年式典を行う南林間自治会連合会の会長を務める

杉山 豊彦さん

南林間在住 80歳

2月28日号

高野 勝廣さん

第32回大和市生涯学習センターまつりの実行委員長を務める

高野 勝廣さん

福田在住 75歳

2月14日号

広田 志げるさん

健康都市大学講師の最年長で礼法を伝える

広田 志げるさん

市内深見在住 92歳

2月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク