大和版 掲載号:2020年4月10日号 エリアトップへ

4月から第14代大和市消防団長に就任した 小菅 実さん 市内中央在住 62歳

掲載号:2020年4月10日号

  • LINE
  • hatena

地域防災のため「技」磨く

 ○…副団長として10年経験を積み、満を持してのトップ就任だ。市内中部出身は、井上貴雄前団長に続き歴代2人目。「いずれ私が、と覚悟はしていたものの、いざ就任となると急に緊張してきた。北島照介12代団長、井上前団長に教わったことを踏襲した上で、私らしさを出せれば」と抱負を述べる。

 ○…目指すのは、団員の技術力向上。地元に住む団員だからこそ把握している地理情報やネットワークを生かし行動に移せるよう、訓練担当の責任者を創設し、器具取扱い等のスキルアップを図る予定だ。「消防本部のサポートに留まらず、独立して活動できる技術を身に付けることで、より一層地域防災の中心的な役割を果たしたい」と意気込む。7月の県操法大会では連覇を目指していたが、コロナ禍で中止が決まり肩を落とす。

 ○…先祖代々大和で暮らす。学生時代はテニスに夢中で、家業のテニスクラブではコーチも務めた。「遊びではなく、勝つテニスを教えていた。1対1の戦いなので、自分の技術が頼りだった」と熱がこもる。クラブはその後スポーツジムに事業転換。ビル管理を担う今はラケットをクラブに持ち替え、月2回のゴルフが至福の時。自宅の庭にもセットを自作し、アプローチの練習に励む。車いじりやドライブも好きで「昔はスポーツカーのチューンアップもやった」と微笑んだ。

 ○…消防職員だった父親を尊敬し、24歳で消防団に入団。「若い頃から、色々な職業の人と長く付き合える」と魅力を語る。団員減少傾向のなか、希望となっているのが若年層。「3・11以降、地元を守る意識の高い若い団員が多く、習得も早い」。家族も活動に理解を示しており「長男は将来入団してくれる」と誇らしげに語った。

大和版の人物風土記最新6

加藤 秀雄さん

第54代大和警察署長に着任した

加藤 秀雄さん

大和東在住 58歳

4月17日号

小菅 実さん

4月から第14代大和市消防団長に就任した

小菅 実さん

市内中央在住 62歳

4月10日号

斉藤 久実さん

長年、松任谷由実SURF&SNOWinNaeba期間中、ラウンジで演奏する

斉藤 久実さん

下鶴間在住

3月27日号

宮尾 孝一さん

昨シーズンに続きサッカーJ3・YSCCのキャプテンを務める

宮尾 孝一さん

市内在住 26歳

3月13日号

仲見世亭 せん弥さん(本名:澤田騎誉寛さん)

アマチュア落語家として市内各地で無料落語会を開催する

仲見世亭 せん弥さん(本名:澤田騎誉寛さん)

市内西鶴間在住 55歳

3月6日号

杉山 豊彦さん

3月1日に50周年式典を行う南林間自治会連合会の会長を務める

杉山 豊彦さん

南林間在住 80歳

2月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク