鎌倉版 掲載号:2011年1月14日号
  • googleplus
  • LINE

吉田春翠さんが書を寄贈 活動50年記念、日展の入選作品を

文化

吉田さん(右)と松尾市長
吉田さん(右)と松尾市長

 市内在住の書家、吉田春翠さんが先月27日、鎌倉市へ作品を寄贈した。作品は縦横112cm。4から5世紀にかけての中国の詩人で「田園詩人」とも呼ばれた陶淵明(とうえんめい)の「帰去来辞」を書いたもの。1995年に日展入選している。吉田さんは日展の会友で、鎌倉書道協会の副会長を務める。

 吉田さんは昨年、自身の活動50年を記念した展覧会を開催。その中でも「陶淵明詩」は「皆様にとても好評だった作品」と話す。

 松尾崇鎌倉市長は「鎌倉を代表する書家の作品を頂いた。感動を味わってもらえるよう、多くの方が見られるようにしたい」と話す。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク